ウェイトシフトは左→右→左→右の順番 ⓶ 上下のウェイトシフト(床反力を利用する)

  • 2016年11月26日

今日もウェイトシフトのついてのお話を進めていきます

題名の左→右→左→右となっておりますが、これは左右(さゆう)のお話


スポンサードリンク





もう少し進めていくと上下(じょうげ)という事になってきます!

たとえば、高く飛びたかったら一度床を強く踏みます

重いものを持ちたかったら一度膝を屈伸してその反動を利用します!

ウェイトシフトという概念は、この床反力の要素と考えてもよいでしょう!

地面を踏みつけた反動を利用する

この技術が重要となります!

と考えると

左→右という事を変換し左下→右上 そして右上→左下と変換します


● テークバック

左下→右上

左下に強く踏み込む
img_3049

%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%95%e3%83%88%e5%b7%a6%e4%b8%8b

左下からの床反力が右上に抜ける
img_3050

%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%95%e3%83%88%e3%80%80%e5%8f%b3%e4%b8%8a


 

● トップからダウンスイング
右上→左下

img_3050

%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%95%e3%83%88%e3%80%80%e5%8f%b3%e4%b8%8a

 


左下に踏み込む

img_3051

%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%95%e3%83%88%e3%80%80%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%80%80%e5%b7%a6%e4%b8%8b


 


 

● ダウンスイングからインパクト
左下→右上

img_3051
%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%95%e3%83%88%e3%80%80%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%80%80%e5%b7%a6%e4%b8%8b


 

右上に抜けていく床反力とクラブの抜けていく力は相反する

img_3052

%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%95%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%88%e3%80%80%e5%8f%b3%e4%b8%8a

という展開になってきます


 

動画では、約3キロくらいのボールを使って練習してます

 

 

うまく上下の感覚に変換できるとよりヘッドスピードを上げるウェイトシフトを覚えることができます!

この技術に関する動きは、パワークリーンでトレーニングしたりもしますので参考にしてください

地面の力をもらうスイング

 

スポンサードリンク



TOPへ