右手を支点として最短インパクト てこの原理

  • 2017年01月27日

おはようございます!
HARADGOLF

ハラダシュウヘイです!

今日、質問いただいております!


 

ダウンスイングでシャフトやヘッドが体から離れていわゆるアーリーリリースになってしまいます!

改善点を教えてください!

という質問です!



 

 

クラブの特性としましては、先端についているクラブヘッドのほうが重い
そして勢いによる遠心力!

そしてクラブフェースが開いてしまってはいけないという恐怖!

ここら辺から、クラブヘッドを遠回りでボールにぶつけていくスタイルが出来上がってしまいます!

ではどうしたらよいか!


スポンサードリンク


まず簡単なのが、支点を右手にする!

これがキーワードです!

まずはお腹(おヘソ)を支点とした大きな円でスイングしていきます!

このスイングは、遠心力にゆだねたスイング!

このスイングの場合、大きなスペースを使ったスイングになります!

 

右手を支点

いわゆるスイングアークの大きなスイング!

初心者の方、ボールがうまく当たらない方、腕力のない方は、この打ち方でまずは打ってもらいます!

ただこのままだとヘッドスピードは上がりません!

右手を支点3



 

次が右手を支点とした小さいスペースでスピードを上げる練習!

右手を固定させクラブを動かす!

右手を中心にクラブが回っているように見えると思います!

これが大事!

まずは片手打ちで

右手を支点2

クラブの動きを最大!右手の動きを最小!

右手の関係性を理解できればいわゆる最短距離でボールにクラブヘッドが到達する!という技術を手に入れることができますので、おのずとヘッドスピードは上がります!

右手を支点4

問題点は、振り遅れ、上からつぶしすぎてボールが上がらない、などデメリットも発生するので、丁寧に練習することが求められます!

スイングで大切なのは、切り返し!
ですのでバックスイングでは、大きくスペースを使って行ってください!

あくまで切り返しで小さなスペースでスイングする!

要するにバック側とダウン側でスイングアークが変化する!
この違いを理解してください!


 

ワイド(広く)に上げて
右手を支点3

ナロー(狭く)に引き下ろす
右手を支点4



≪HARADAGOLF動画レッスンチャンネル≫

 

HARADAGOLFウェブサイトにて紹介しているこのYouTubeの動画チャンネル!

ほぼ毎日更新し、世のゴルファーの悩みをHARADAGOLF的視点で色々発信しております!

blogでは少し古い動画を詳細に説明していますが、

最新の動画をすぐご覧になりたい方、

見逃したくない方は、チャンネル登録していただければ、すぐにチェックすることができます!

 

大体、夜の21時から22時あたりに動画がアップされるように設定されていますので是非チェックしてください!

ここをチェック!

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%ab%e7%99%bb%e9%8c%b2





 

そして骨太な内容になってしまったウェブサイトのブログとは別

私個人の毎日の練習日記、そして日々につぶやきのブログは、既存の個人ブログとして昔のブログが復活しております!

これも毎日とは言いませんが、更新しておりますので是非チェックしてみてください!

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 


スポンサードリンク


TOPへ