飛ばしを理解している人だけが知っている股関節の使い方! HARADADAGOLF動画レッスンチャンネル

  • 2018年01月09日

おはようございます!
HARADAGOLF

ハラダシュウヘイです!

今日は質問いただいております!
シーズンオフにトレーニングを本格的にやって飛距離を伸ばしていきたいのですがおすすめの方法はございますでしょうか?!

という質問です!


スポンサードリンク


シーズンオフにしっかり身体を作る!とても良い心がけではないでしょうか!

私も昨日は、下半身強化もかねてスキーに行ってきました!

やはり飛距離を伸ばしたければ下半身!

特に股関節回りの筋肉をしっかりつけることが重要となります!

最もお勧めは、スクワット!


この動きをしっかり練習すれば床反力を使え足腰の動きを理想的なフォームにいざなってくれます!


注意点!

膝がつま先以上に前に出ないように!

背中の張りを保持しながら身体を沈めていく!

お尻の筋肉がストレッチされるようにスクワットができればOKです!

そこから応用としては
スクワットジャンプ!


スクワットの姿勢から跳んでみる!
これで地面を蹴るときの股関節の角度を理解します!

高く跳ぶためには地面を蹴る必要がある!
そして蹴るための一番良い股関節の角度を理解できます!

そして次の応用が
オーバーヘッドスクワット!

腕を頭上に上げた状態でスクワット!
背中が固いと腕がどんどん前に下がっていくのでしっかり手を上げた状態を保持しながらスクワットをしてください!

スクワットは、ゴルフトレーニングにおける最重要トレーニングに位置付けられております!

正しいフォームで、シーズンオフのトレーニングをやってみてください!


スポンサードリンク


■ HARADAGOLFメールマガジン情報 
2018年

1月のテーマ!
【ゴルフの基本  重たいものを持って鍛える前にやるべきこととは?  動ける身体の作り方】

シーズンオフの今のうちに身体作りをしたい!
ジムに通い、重たいものをガシガシと上げて頑張っている方が多い!
でもそんなことをしなくても飛距離を伸ばす方法があるのです!

ボールを飛ばすうえで大切なのは動ける身体を手に入れること!
可動域を増やし、その中での自重でトレーニングする!
その方法をお話していきます!

HARADADAGOLFメールマガジン!
YouTube
HARADADAGOLF動画レッスンチャンネルでは観られない限定動画も観ることができます!

毎週月曜日
12時に配信しております!

■ HARADAGOLFメルマガのバックナンバーが購入できるようになりました!

HARADGOLFメルマガは、月ごとにテーマを変え一か月単位のセットで購入できます!

2017年のメールマガジンのラインアップ
5月号
ドライバーの基本

6月号
アイアンショットの基本

7月号
ウェイトシフトの基本

8月号
ハーフスイングの基本

9月号
スイングプレーンの基本

10月号
トップオブスイングの基本

11月号
ショートゲームの基本

12月号
スイングテンポの基本

というラインナップ

2018年になりましたので
去年の12月号のメルマガが購入できます!



HARADAGOLFメールマガジン発行

HARADAGOLF動画レッスンチャンネルでは、応用!
そしてメルマガでは、基礎を中心した内容となっております!
じっくりと練習したい方
そしてブログでは書けない!
真実を知りたい方!

この「HARADAGOLFメルマガ 基礎から学ぶ 飛ばしの真実」をご覧ください!


登録すると
HARADADAGOLF動画レッスンチャンネルでは観ることができない
メルマガ限定動画を視聴することができます!

サンプル号の動画をご覧ください

基礎を学びたい方!ぜひ登録してみてください!初月は無料です(^.^)
申し込みはここをクリック

メルマガ登録・解除


≪HARADAGOLF動画レッスンチャンネル≫

 

HARADAGOLFウェブサイトにて紹介しているこのYouTubeの動画チャンネル!

ほぼ毎日更新し、世のゴルファーの悩みをHARADAGOLF的視点で色々発信しております!

blogでは少し古い動画を詳細に説明していますが、

最新の動画をすぐご覧になりたい方、

見逃したくない方は、チャンネル登録していただければ、すぐにチェックすることができます!

 

、夜の21時に動画がアップされるように設定されていますので是非チェックしてください!

ここをチェック!

チャンネル登録4





 

そして骨太な内容になってしまったウェブサイトのブログとは別

私個人の毎日の練習日記、そして日々につぶやきのブログは、既存の個人ブログとして昔のブログが復活しております!

これも毎日とは言いませんが、更新しておりますので是非チェックしてみてください!

プライベートblog2


スポンサードリンク



昨日のワークアウト パワー系 バックランジ

  • 2016年04月13日

昨日は、ワークアウトの日!


スポンサードリンク




パワー系のバックランジをアップします!

この間、イチロー選手と稲葉選手の対談が某ニュース番組で放送されました!
とても興味深かったので見ていると最後に気になることをお話ししておりました!

イチロー選手はこういいました

トラやライオンは筋トレしない!

ガーーん!!

たしかに!

筋力をただ強く大きくしてもバランスが悪くなり、腱や関節を痛める!と

では僕はどうか?

私は筋肉をただ大きくしているかどうか!

違います!!

十河トレーナーは私にこう言います!

身体が小さいあなたは動物に例えればリスだ!!

リスが筋トレしてもたかが知れている!

ガーン!!

確かにリスがマッチョになってもあんまり意味なさそう!!

車で例えれば軽自動車!

スポーツカーにかなうはずがない!

しかし勝機がないわけではない!

小さいエンジンもキンキンに回せる!一流のメカニックがそのエンジンのポテンシャルを最大源に生かすことができれば、軽自動車がスポーツカーといい勝負ができたり、リスがライオンにだって一回くらいは勝てる!!と

十河トレーナーはこうも言います

表面上のマッチョはダメ!
身体を効率よく使えるためには、重さよりもフォーム!そしてトレーニング中にどのように動いているかをイメージし、意識できているか!
楽な姿勢でただ重いものを上げるだけではダメ!

ということでございます!

私は、マッチョなそして体を効率よく使えるリスを目指します!!

ここの角度がしっかり作れると爆発的なパワーを腕に伝えることができる
股関節パワー

股関節パワー2

と話がそれましたが、今回のワークアウトは股関節パワーを最大限つかることができるようになるため、重いものをゆっくり耐えながらバックランジです!

片足になり、上げたほうの足をゆっくり後ろに下げていきます!

支える方の足はゆっくり耐えることが重要

楽をすると下げる方の足がすぐ地面についてしまいます!

パワー系 重いものを4発づつ 気合いのバックランジ

筋肥大系バックランジ

バックスイングやダウンスイングにおいて股関節の角度をキープし、最大限お尻や裏側の力をボールに伝えるためには、このトレーニングが欠かせません!


スポンサードリンク



下半身(股関節)パワーをボールに伝えるドリル

  • 2015年03月02日

今日は股関節パワーをボールに伝えるトレーニングのご紹介!

私も含めゴルフレッスン書などでも下半身の強化が重要であるとよく謳っておりますがそれはなぜでしょう!!

それは、やはり一番大きな筋肉が付いているからです!

太ももが腕よりも細い方はあまり見た事がありません!

ということは、この大きな脚の筋肉を使わない手はありません!!
下半身の力を上半身に連動させてボールを叩く事ができればヘッドスピードが上がり飛距離が出るという事がいえます!!

ですからどんなに下半身を鍛え上げてもそれをボールに伝えることができなければなにも意味がないのです!

今日ご紹介のドリルは、去年も動画でアップしましたがSWでのノーテークバックからの運び打ちとそれをする上での準備トレーニングです!

動画では二つの動きをご紹介しております。

まずはSWのノーテークバックショットです。
はじめにインパクトの形を瞬時に作り、左足に体重をかけ左股関節の角度が深まります。そしてハンドファーストになり右手の角度が深まりボールがフェースにくっついた瞬間、一気に深まった股関節の角度を解放しながらジャンプするように振り抜きます。この時右手の角度は深まったままです。

白いスティックはクラブの描く軌跡を現しております。このスティックよりヘッドが下に入るとボールはすっぽ抜けてしまいます。ようはロブショットとなってしまうのです。
この動きをバンカーショットやラフからのショットに応用するテクニックもあります!

まずはインパクトの形を作る
CIMG0455.JPG

右手の角度をキープしながら白いスティックの軌道上にクラブヘッドを乗せる!
CIMG0456.JPG

フェースに乗っかっている時間こそ下半身パワーをボールに伝えれる黄金タイム!
CIMG0457.JPG

しかし今回は絶対飛距離を出すというテーマ!
ヘッドスピードを上げながらインパクト効率を上げるためには、ボールの軌跡とクラブヘッドの軌跡を揃えるため右手の角度をキープしながら股関節の角度の上下のストロークしハムストリングス、臀部、背中の筋肉を総動員することが欠かせないのです!!

そしてこの動きはボールを打たないでトレーニングできます。

まず重いダンベルなどを左手に持って、ダウンスイングの形をとります。この時左腕は右ひざの高さにポジショニングします。低い位置の方がいいでしょう!

そして一気に股関節の角度を解放しながら腰を回転させ重いダンベルを上に引き上げます!

この時絶対腕の力を使わない事!!
あくまで上半身は下半身の動きに委ねます!

左腕は低い位置がいいでしょう
CIMG0450.JPG

CIMG0453.JPG

あくまで腕は紐のイメージ!下半身で瞬発的に引き上げる!
CIMG0452.JPG

CIMG0454.JPG

このトレーニングをすることで脚の大きな筋肉を使う事でかなり重いものでも引き上げる事が理解できるでしょう。

SWのノーテークバック練習とペアで練習してみてください!!


スポンサードリンク



旧プログ
TOPへ