つま先上がりからストレートボール

  • 2015年03月02日

今日は、つま先上がりのスイングをアップします!

つま先上がりの傾斜からのショットの場合、まず気を付けなければならないのはアドレスです。

正しく股関節から前傾をして、グリップを短く持ち背筋を伸ばして構えます!

そして次に重要なのは、素振り!

なぜかといいますと、つま先上がりの最大のミスはダフり!

ですから前傾角度が深すぎたり浅すぎたりするとダフリ、トップのミスが出てしまいます。

そのため素振りをして芝を薄く削ってみましょう!このとき地面に突っかかるようでしたら前傾が深く、空振りをしてしまえば前傾角度が浅すぎるという目安となります!

次にボールを打つ時のポイントですが、これも2つ!

一つ目は、正しいスイングをして左へ引っかけてもらうという事!!

つま先上がりという事は、アイアンでボールを打つ場合ロフトの関係上、必ず左へ飛びます!
左へフックすることを怖がらずフックさせましょう。いたって細工は要りません!

逆に変にフックを怖がり右へシャンクする方が多いのです!

そうするとまたつま先上がりの傾斜へ駆けのぼる結果となり蟻地獄のように上に上がっていく事になってしまいます!

怖がらず左へ振り抜きフックさせるという打ち方!

そして2つ目が上級者にチャレンジしてもらうのですが、フェースローテーションを抑えてもらい、ライン出しショットでストレートボールを打ってもらいます!

インパクトからフォローで手を返さずに身体の回転でボールをヒットしていきます!

このショットの利点は、右にも左にも保険をかけることなくストレートにアドレスができる事です。

写真 1 (14).PNG

ライン出しを意識して高いフォローを心がける
写真 3 (12).PNG

写真 2 (14).PNG

シャフトが右耳から左耳に収まるようなフィニッシュを心がける
写真 4 (9).PNG

フックを見越して右を向いて構えても結局フックしなければ右のミスになってしまう事になりますし、逆にフックし過ぎてしまうとグリーンを捉えることはできません!

しっかりグリーンにフェースを向けフェースの返りを抑えながらショットする!

練習場では、8Iでライン出しのショットを練習するといいでしょう!
参考の動画を3つアップしておきます!

皆さんお試しください(^-^)


スポンサードリンク



TOPへ