シャローな入射角 オープントゥクローズ

  • 2015年03月02日

今日のテーマはアイアンショットです。

アイアンショットのポイントは、縦の距離感でございます!
100ヤードの距離をPWで打ち、90ヤードしか飛ばないとか逆に120ヤードも飛んだりと縦の距離が安定しないとグリーンを捉えるすることはできません!

そのためには、入射角度を緩やかにしてスピン量を適正にしていくことが重要となります!

上から叩きこんで厚いターフを削り取るのではなく、薄くて長ーいターフを削り取る技術が必須となります!

これから説明するポイントは、とても上級テクニックではありますが手に入れる事ができればシングルプレーヤーの道が開ける技術でございます!

ポイントは2つ!

まずはトップから切り返し(ダウンスイング)での腕のポジションが重要です。

胸が開くことなく、腕が引き下ろす事でタメが生まれます!

身体の開きが早いとアウトサイドからクラブが降りてくるので必然的に入射角がスティ―プ(上から急角度で降りてくる)となります

胸の開きを抑えシャフトがオンプレーンに入ってくる事で、入射角が緩やかになっていきます

もうひとつのポイントがフェースのターンがあります!

ボールを捉える前のポジションでフェースがまだ開いた形となっております。

そしてインパクト後にフェースが180°回転して閉じていくのです。

このオープンからクローズまでの展開が地面すれすれの緩やかな軌道を作ってくれます!

写真 1 (7).PNG

身体の開きを抑え、オンプレーンに乗せる
写真 2 (7).PNG

この時フェースはまだオープン
写真 4 (5).PNG

きっちりフェースを閉じる!
写真 3 (5).PNG

このフェースターンが入射角を緩やかにしてくれます

これ以上の詳細は、ここでは語る事ができませんので実際のレッスンでレクチャーいたします!!

皆さんお待ちしております(^◇^)


スポンサードリンク



TOPへ