素振りの重要性② 器具を使った素振り(長いモノ)

  • 2016年10月07日

img_2160

今回も素振りのお話

そして器具を使った素振りについてでございます!

素振りは大きく分けて3つ!


スポンサードリンク




長いモノ

しなるモノ

重いモノ

この3つで素振りをしてください!

今回は長いモノについて

これはおもに長いバットのようなものになります

私が使用しているのはアザスゴルフ

長さは50インチで重さは約500gくらい
材質は竹でできているので程よくしなりを感じます

そのほか野球のバット状のものなどいろいろなものがあります

長いバット状のものでスイングすることで、まずなかなかクラブがインパクトまで到達しない感覚を理解します

要は振り遅れる感覚です

飛距離をアップするためには、クラブヘッドがボールに向かって最後の最後に到達するというスイングにならなければなりません!

クラブを遅らして最後にボールをヒットするレイトヒット

しかし短いクラブだとすぐにインパクトに到達してしまう

というか通常のスイングではいかに振り遅れないか!!右へのミスを回避するかにかかっております

ですのでほとんどのアマチュアは、すぐにボールにヘッドを到達させるアーリーリリースというスイングに陥りやすい
これだと飛距離アップは望めないのです!

長いモノで素振りをすることで自然とレイトヒットを理解する!

そしてそれが飛距離アップの近道となります

◎ 長いバットと実際のクラブのスイングの違い

AzasGolfドライバット

img_1750


バックスイング

img_2155

img_2135



ダウンスイング

img_2156
img_2161


ダウンスイング後半
img_2157
img_2136


インパクト
img_2158
img_2133


フォロー
img_2159
img_2138


img_2160
img_2139

比較すると長いバット状でのスイングのほうが力みがなくそして体がストレッチされている感覚です

しっかり捻転を意識できる長いバットでの素振りは、ラウンド前のウォーミングアップ そして技術の革新のため欠かせない器具ではないでしょうか!
皆さんお試しください!


スポンサードリンク



TOPへ