書籍の紹介 イギリス旅行のきっかけを作ってくれた本 伊集院 静・文 宮本 卓・写真 夢のゴルフコースへ スコットランド編

  • 2015年03月02日

写真 (109).JPG

今日は、書籍の紹介。

この本は、伊集院 静さんのゴルフ旅行記です。

そして素晴らしいスコットランドの写真がこの中には満載です。

この本に描かれている世界の場所に行きたいと!私はただそう思いました!!

コースは
セントアンドリュース
ノースバーウィック
カ―ヌスティー
キングスバーンズ
ターンベリー
プレストウィック
ロイヤルトゥルーン
グリンイーグルス
ザ・ナイルンゴルフクラブ
ロイヤルド―ノック

です。

11月下旬のスコットランドでの極寒ゴルフ!
CIMG0381.JPG

雨と風と寒さのトリプルパンチです。
CIMG0395.JPG
その中で、私が行けそうなコースはないかと選択したのがターンベリーとセントアンドリュースです。

セントアンドリュースは、その場所にはおとずれる事が出来ましたがプレーはできませんでした。

そして、ターンベリーでのゴルフは私のゴルフ人生の中でも貴重な体験でありました!

この本にはこう書いてあります。
3年間アメリカのゴルフコースを巡った。アメリカのゴルフコースをプレーしていて、人の手で見事に作られた「スタジアム型式」のコースや「リンクスコース」をまねたコースに何かひとつ物足りなさを感じるようになった。
 そうしてスコットランドのコースで一度プレーしたゴルファーたちが、一様に語る印象。
「スコットランドのリンクスコースをプレーしてゴルフがどういうスポーツかがわかったよ。」
「死ぬまでにもう一度オールドコースをラウンドしてみたいよ」
それらの言葉はやはり実際にプレーしてみなければ理解できないのだろうと思わせるものだった。

そして
ゴルフ史家・アンドリュー・ラングはこう言っております。

スコットランドにゴルフが生まれたのは、そこにリンクスランドがあったからだと。

それはイギリスのヒラリー卿がエベレストを最初に征服するにあたり言った言葉と酷似しております。
そこに山があるからだ と

そしてあの球聖ボビージョーンズもスコットランドのリンクス セントアンドリュースをラウンドした時の感想でこう述べております。

「初めの印象は最悪!
しかし何度もラウンドする事でその素晴らしさに気付くと!」

イギリスに赴き、いろいろな体験ができたのもこの本を読んだおかげといっても過言ではありません。

私のゴルフ人生の中で、最も刺激を受けた一冊と言っても良いしょう。


スポンサードリンク



TOPへ