今日は書籍の紹介 ゴルフルールの心 金田武明

  • 2015年02月27日

CIMG6804.JPG

今回紹介する本は、金田武明著のルールについて書いたものです
しかし、ルールの説明ではなくゴルフのルールから最も学ばなければならない心を説いた名著となっております!
金田武明さんは最後にこう書いております

ゴルフのプレーヤーにとって、ルールの全文を知る事は、もとより大切であるが、それよりもっと大事なことは、ルールの心を正しく理解することである。たとえ違反しなくてもルールの心を忘れた悪用や誤用には、信用を堕し友を失くという人生最大のペナルティーが待っていると書いてあります。

この本に書かれている事柄の中で、ルールの本質について、色々な例を用いて説明されております。
そのいくつかを紹介しておきます。

西ドイツのアウトバーンは、制限速度がない。個々の条件にマッチした最適のスピードで走る。
しかし制限速度を定めるととたんに事故が増える。
ゴルフのルールも同じ「ボール捜しは5分以内」と制限すると3分しか捜さない人まで5分捜すようになる。
さらに5分捜していい権利を5分間他人を待たせてもいい権利と誤解する。

もうひとつはライの改善について提言
現代社会での個人の意思は、組織の中で埋もれ個人を再発見し得る場がスポーツの場になっている。
個人を再発見しようというスポーツ本来の動機からすれば、ボールのライを改善する事がはたしてゴルフの興味を増すものかどうか、私は増すことはないと考えます。

最後にわたしからの提言でございます。


スポンサードリンク



TOPへ