ぶ厚いインパクトの練習

  • 2015年03月02日

今日はショートアイアンを使って効率のいいインパクトの練習!

テーマはぶ厚いインパクト!!

皆さんの経験で、PAR3で自分が6Iを使って140ヤードを打った後に同伴競技者の番手を見るとアラ!!びっくり!9Iを使っているではありませんか!!

なんだかプライドが傷ついた!!な~んでことありませんか?

やはりアイアンも飛んだ方がいいですよね!

そこでショートアイアンの飛ばしをレクチャーしたいと思います!

そこで上記のテーマ!ぶ厚いインパクトというお話に戻りますが、効率よく強いインパクトでボールをヒットするためには4つのポイントを抑える必要があります。

1、ロフトを立てながらインパクト(ハンドファースト)
2、加速的フォロー
3、シャフトを下方へしならせて下へ下へと力を入れる(ボールの後のターフを削り取る)
4、ややドローのイメージ

CIMG0299.JPG

CIMG0300.JPG

CIMG0301.JPG

1、についてご説明しますと、ポイントは右手の角度のキープ、そして左手の甲がアーチ状に盛りあがるのです。左手の甲で下に押し込むことでロフトを1番手上げる事が実現できます。
9番なら8番に、8番なら7番のロフトでインパクトが出来るのです!

2、と3、はやや繋がっていて加速的フォローをするためには、3が出来なければなりません!シャフトのキックバックしたしなりを保持しながらインパクトそしてフォローまで粘ります。
限界点までしなりを保持しフォローで一気にしなりが上方へ向かうのです。この下方から上方へのシャフトの挙動でターフを削り取ります!下方への圧力を常に意識してください!

そして3、へとつながり加速がフォローでピークになることでボールを長く押し込む事が出来ます!

4に関しては、ショートアイアンは基本的にドローが打ちやすい設計となっております!

ですのでわざわざ難しい低いフェードというよりはドロー系を意識する事でロフトの立った正しいインパクトが実現できるのです!

一応画像をアップしておりますので参考にしてみてください!


スポンサードリンク



アイアンショット

  • 2015年02月24日

そろそろラウンドレッスンが近づいてきてドライバーばっかりマン振りしていたので、アイアンの精度が不安なので、今日はアイアンの練習をしました。
スイングプレーンを重視してテークバックでしっかりプレーンに乗せることをまずは念頭に置きました。

そして、トップを高くして高いところから下半身リードでシャフトをしならせながら一気に最短距離でボールにぶつけます!

トップに入る前にもう下半身は切り返しを行い上半身と下半身のレジストを最大にして、フォローで一気に爆発させてます!!
ってそれはまた飛ばしに走ってますよね(笑)これはアイアンだぞ!!
方向性を大事にしなさい!!

といってもすぐに飛ばしに走ってしまいます(^_^;)

ダメだこれでは!!

方向性!!方向性!!


スポンサードリンク



TOPへ