摂津茂和著 ベッドで読むゴルフの本から セントアンドリュースの魅力

  • 2015年07月02日

IMG_7957

今日は久しぶりに書籍の紹介!

摂津茂和著 ベッドで読むゴルフの本からセントアンドリュース オールドコースについての記述でございます。

というのも7月に開催される全英オープンはそのオールドコースです!
ゴルフ発祥の地と言われるスコットランドのセントアンドリュースで行われる5年に一度はこの地で開催されます。

この本ではオールドコースについて色々な逸話を交え説明しております。

そのむかし北海からの強風と荒波によって海底の砂が盛り上げられてできた砂丘で、それが次第に壮大な草原となってできた天然のコースであるオールドコースは、太古の昔は12ホールしかありませんでした!

一直線のコースはラストホールを終えると、そのまま歩いて引き返したといわれるおります。

そして1759年ごろその不便をなくすためラストホールをおえると、そこから折り返して、同じフェアウェイと同じグリーンを使って、元の起点に戻る22ホールに改められました。

ゴーイングアウト カミングイン の始まりでございます。

今のoutコース inコースの始まりはここからきております。

18ホールというスタイルになったのは1764年最初の4ホールを2ホールにまとめ、往復での4ホールを縮小する事で、全体を18ホールにし今の形となったといわれております。

2009年私もセントアンドリュースに行きました!
431526_134453220010537_627055443_n

摂津茂和氏は
オールドコースは、通常の人工の内陸コースの造園的な美しさや、型にハマった公式的な設計を見慣れたものには、最初はきわめて悪い印象を与えるが、もし謙虚に玩味すれば、次第にこのコースの持つ深い精神を理解する事ができるといっております。

それは数多くの名プレーヤーのこのコースに対する畏敬の念を込めた回想からもわかります

あの球聖ボビージョーンズはこう語っております

1921年の全英オープンで、始めてオールドコースでプレーしたとき、私はイギリスの友人たちがなぜここを礼讃するのか、その理由がどうしてもわからなかった。私はここを私の知る限りでは一番悪いコースの一つだと考え、危うくここを侮辱したい気持さえ起きたくらいだった

その後私はこのコースが好きになれるように努力しようと決心して、1926年にふたたびここを訪れたのだ。ところが、対して努力を払うまでもなく、私は2ラウンド茂プレーしないうちに、ここがたまらなく好きになった。

このオールドコースの魅力はなんといっても風とアンジュレーション

南アフリカの伝説のプレーヤー ボビーロックはこう語っております
「ここでは風の変化が毎日コースを違ったものにする。私がプレーした時には、最初の7ホールが逆風で次の4ホールが追い風となり、12番では再び逆風となり、つづく7ホールが逆風であったが、時によると18ホール全部が逆風となる事さえある」

またアメリカのゴルフ評論家 バーナード・ダーウィンは
「オールドコースは距離から言えばそんなに難しくはないが、それでもコースの女王と呼ばれるのはその独特な風の為だ」とかいてあります。

このようにアンジュレーションと風が、オールドコースの性格をいっそう神秘的にさせ、謎のごとく解き難く思わせるのであって、このむかしから、ここだけは「ゴルフコースのモナ・リザ」と呼ばれているそうです。

そしてその全世界のゴルファーが注目する全英オープンは7月16日に始まります。

そして今大会の目玉はなんといってもジョーダン・スピースです。

年間グランドスラムという偉業は、マスターズ、全米オープン、そしてこの全英オープンを勝たなければなりません!

そしてもう一つ注目のHARADA杯記念コンペは7月11日(土)13:00スタートです。

HARADAGOLFイベント情報
7月4日(土)
夕暮れ9ホールラウンドレッスン
1名空きがあります

7月15日(水)
月例ラウンド研修会
あと3名空きがあります


スポンサードリンク



TOPへ