右ひざまでタメて打つ方法 とは?! HARADGOLF動画レッスンチャンネル

  • 2017年02月17日

おはようございます!

HARADAGOLF
ハラダシュウヘイです!

今日のテーマはタメ!!



手首をためてプロみたいに打ちたい!!

このテーマは、世のゴルファーが求めている内容ではないでしょうか!

しかしどうしてもタメを意識すると手元が流れてスライスになってしまうという方が、大半!

というかそもそもどんなにタメを意識してスイングしても映像を撮ってみると全然たまってない!!

という事が多い!


スポンサードリンク


ではどうしたらよいか!



まずはクラブの重心の位置を知ること!


そしてその重心の位置をテークバックではあまり自分に近づけてはいけません!

要するにテークバックでコックを早くしすぎて自分に近づけてしまうと切り返しで重心の位置が体から離れていってアーリーリリースになってしまうという事が起こります!


重心の位置が暴れると手元が浮き上がってしまう!

これが手首のコックがほどける原因です!
手元が浮いてダフリやトップが出るというのは、重心の位置がテークバックで暴れることに起因します!



ですので、まずはゆっくりややノーコックでテークバック

スローで広く上げて、切り返しでクイック!!!

そしてそのとき手首とクラブに角度をあまりつけずに重心の位置が平行移動するように!



スローからいきなりクラブを置いてきぼりにする!!

切り返しでグリップエンドを引っ張り込むことで手首に角度が生まれます!

イメージ的には、グリップのスピードをトップまでゆっくり!

切り返しでクィックの感覚!

グリップエンドをボールの方向突き刺すように投げてみましょう!

イメージはやり投げ!

クラブを直線的に投げる感覚!


これがタメという概念!

右ひざまでタメることが可能です!

 

もちろん手首に角度が付いたまま当たるとフェースが開いたままですのでしっかりインパクトゾーンのリストターンも必須です!

 

タメるということは、それだけリスキーなこともあります

それはスライス!シャンクなどのミスです!

ただリスクがあるだけにリターンも大きい!

うまくタメができると最小の力で最大の飛距離を手に入れることができます!

 

まずは頭の中をクリアにして、道具の特性を理解することから始め徐々にドリルで体の動きを改善してみてください!



≪HARADAGOLF動画レッスンチャンネル≫

 

HARADAGOLFウェブサイトにて紹介しているこのYouTubeの動画チャンネル!

ほぼ毎日更新し、世のゴルファーの悩みをHARADAGOLF的視点で色々発信しております!

blogでは少し古い動画を詳細に説明していますが、

最新の動画をすぐご覧になりたい方、

見逃したくない方は、チャンネル登録していただければ、すぐにチェックすることができます!

 

大体、夜の21時から22時あたりに動画がアップされるように設定されていますので是非チェックしてください!

ここをチェック!

チャンネル登録4





 

そして骨太な内容になってしまったウェブサイトのブログとは別

私個人の毎日の練習日記、そして日々につぶやきのブログは、既存の個人ブログとして昔のブログが復活しております!

これも毎日とは言いませんが、更新しておりますので是非チェックしてみてください!

プライベートblog2

プライベートblog


スポンサードリンク


TOPへ