入射角度を緩やかにするトレーニング①(スプーンでのティーショット練習)

  • 2015年08月12日

今日は、ラウンドでの戦術を覚えて戦略に幅を持たせるため3wのティーショットの練習のご紹介!

戦術として3wのティーショットは欠かせないカードとなります!しかしいつも練習していないといざという時、慣れていない分ミスが出やすいでしょう!

3wのティーショットを練習する上で重要なのは緩やかな入射角度でインパクトを迎える事!

そのためハーフショットで身体の上下動を抑え入射角度を意識してティーを打たないでボールだけを打つ練習がおすすめ!

徐々にフェースが開きスイングプレーンに乗せてバックスイング
CIMG8065

インパクト直前では右手の角度をキープして腰の回転は水平を意識 
CIMG8066

ややトップボールから入って大丈夫!

右手の角度を保持したインパクト
CIMG8067

身体の上下動を抑えたままフォロー
CIMG8068

徐々にクリーンに入るようになるまで練習します!

入射角度が急角度だとティーを叩いてテンプラになってしまいます!

そのため右手の角度はしっかり保持してあくまで左サイドでボールを打つイメージです!

ややハンドファーストでインパクトし徐々に手が返る感覚を理解しましょう!

次回は緩やかなインパクト軌道を迎える為のフェースローテーションについてお話いたします!


スポンサードリンク



TOPへ