トラブルショット ディセンディングブローショット

  • 2015年03月02日

今日は、トラブルショットのご紹介

シュチュエーション

林の中に打ちこんで低いボールが必要な時

ディボットマークの中に入ったり、ライが悪い状態で上から打ち込まなければならない時

風が強い時、低いボールで攻めたい時

などに有効なショットです。

ボールの位置は真ん中

ハンドファーストにアドレスをします。

バックスイングでは、やや左気味の体重を保持し、クラブと手首とでできる角度をなるべくインパクトまで保持して一気にボールの位置で開放します。

そしてインパクトで終了し、フォローをとりません。

いわゆるパンチショットというスイングになります。

このショットの注意点は、

スイングリズムをゆっくりする事

シャフトのしなりを意識するので手首は柔らかくしなやかにしておくこと

などがあります。

このトラブルショットを覚えてしまえば、ライが悪いところや林からでもいいところまでボールを運ぶ事が出来ますので是非練習してみてください。

直接の指導はHarada Golfを受講してください(^-^)
お待ちしております(^-^)

切り返しはゆっくり
CIMG9203.JPG

左足体重を最大に
CIMG9204.JPG

手首のタメも最大に
CIMG9205.JPG

インパクトはハンドファーストを保持
CIMG9206.JPG

フォローをとらずにインパクト即終了!!
CIMG9207.JPG


スポンサードリンク



TOPへ