2014 ドラコン大会  桂による桂のためのドライバー マッスルビート ロフト6°

  • 2015年03月02日

今日は、今年のドラコン大会のための新ギアの紹介!!

2013年の桂のLDJ北海道大会は、不本意な結果になり今年はなんとしても結果を出したいとのことでトレーニングに励んでいる今日この頃ではございますが、やはり肉体だけではどうしようもない現実があります!

というのも桂には、普通のドラコン大会にはないある特殊な事情が2つあります!

ひとつは、強烈なアゲンスト 
去年はハンパない風が選手たちの前に立ちはだかりました!

そしてもう一つは、ボールの落とし場所を間違えると上り坂になっていて驚くほど飛ばずランが出ません!

通常、ドラコン大会の開催に選ばれるコースは打ちおろし、そしてフォローと飛びの条件を満たしている場合が多いです。

しかし桂はそうではありません!

それによりボールをどのように低く抑えながらボールをひっぱたくかが重要となります!

去年はリンクスBOMBA ロフト7,5°とシャフトはクレイジー ロンゲストヤードで挑みましたが,
どうしても叩くとボールが上がってしまい、2日目は低く抑えながらマン振りした結果チーピンで逆にボールが飛ばず散々たる結果となったのです!

そこで今年は、リンクスから去年発売された新モデル!マッスルビート(いかにも名前が飛びそう)
このヘッドはより低くボールを飛ばすためかなりのディープフェースであり、
しかもロフトは6°!!

リンクス マッスルビート ロフト6°
写真 1 (17).JPG

オーソドックスな顔つき
写真 2 (16).JPG

絶壁でございます!

そして今X2hotのスプーンで359ヤード飛ばしたキャロウェイ所属のドラコンプロゴルファー ジェミー・サドロウスキーモデルのHouse of Forged(ハウスオブフォージド)のシャフトを入れ、グリップはシャフトの挙動をコントロールし、ヘッドスピードそしてま芯でとらえやすくなるVDグリップ搭載の最新ドライバーを手に入れました!!

シャフト House Of Forged
写真 3 (11).JPG

ヘッドスピードが上がり、ミート率が上がるといわれるVDグリップ
写真 4 (7).JPG

もちろん、フォローの風が吹けばリンクスBOMBA そしてアゲンストの風(ほとんどと言っていいほどアゲンストではありますが)の時は、このマッスルビートで行きたいと思います!!

フォローの風の時はこのリンクスBOMBA
写真 5 (3).JPG

シャフトはクレイジー ロンゲストヤード
写真 2 (17).JPG

すこーしシャローな顔つき ボールを簡単に上げられるヘッド
写真 1 (18).JPG

この戦略を立てたのも、ドラコンシニア日本チャンピオンの方のアドバイス
そしてこのヘッドを譲っていただいたドラコンプレーヤーのKさん そして北海道のドラコン大会の第一人者である三ツ屋さんにクラブを作ってもらうなど北海道ドラコンチームの方々のおかげでございます!!

この場を借りてご御礼申し上げます!!

もちろんラウンドでは私のエースドライバー スリクソンZ925にmiyazakiシャフトのインディゴでばっちりでございます!!

エースドライバー Z925
写真 4 (8).JPG

典型的な洋ナシヘッド小ぶりでカッコイイです!
写真 3 (12).JPG

miyazakiシャフト インディゴ 
写真 5 (4).JPG

今年もドラコン頑張りまーす(^-^)


スポンサードリンク



TOPへ