ロブショット特集③ アウトサイドイン軌道(フェースにボールが乗る感覚)

  • 2016年04月14日

今日は、ロブショットのスイング軌道のお話です


スポンサードリンク




ロブショットやバンカーショットなどボールにスピンをかけてグリーンで止めるショットを打つためには、クラブフェースの上にボールが乗る瞬間を感じなければなりません!

クラブフェースの上にボールが乗る時間が多ければ多いほどスピン量が増えグリーンでボールを止めることができます!

そのためクラブフェースを開き、アウトサイドからインサイドにクラブが抜ける軌道が必須となります!

アウトサイドからクラブを入れて
ロブショットフェースに乗る4

ヒールから開いてクラブを入れて
ロブ フェースに乗る

ボールがフェースを斜めに横切りトゥに抜ける
ロブショットフェースに乗る2

ボールの下をフェースが抜ける このときウェッジのバンスというものが役に立つのです
ロブショットフェースに乗る3

フルスイングにおいてスライスボールという見えない敵と戦っているゴルファーが多いと思われますが、ことロブに関してはこのスライス系のスイングをしなければなりません!

よくこの動きを意図的ではなくナチュラルになってしまう方も多いと思われる!
この動きを通常のスイングでしてしまうととんでもなくスライスがかかってしまい、ボールに余計なスピンがかかってしまうのでボールが思うように飛びません!

しかしこの動きをウェッジで狙って行うと、スピンをかけてグリーンで止めることが簡単にできます!

クラブが外から(アウトサイド)インパクトゾーンに向かって入ってきて、クラブフェースのヒールからトゥに向かってボールが乗る感覚を理解してみましょう!


スポンサードリンク



TOPへ