フェード系 スイング

  • 2015年03月02日

今日は太平ゴルフセンターでのレッスンでした!
そろそろラウンドが近くなり、ボールの打ち分けを練習しておかねばと思いそのスイングをアップいたします。
今日はフェードの打ち方です!

フェード系スイングは、まずボールポジションが重要になります。
ボールをやや左側に置き、クラブフェースをやや閉じぎみに構えます。おやっ!とお思いの方が居ると思います。

なぜスライスボールを打つのにフェースを閉じるのかという質問が多いかと思われますが、アドレスでフェースが被っているとインパクトで開く感覚がでます。

被ってヒットしフェースを逃がしながらフォローに向かう!

フェースを逃がす感覚が出ている写真はフィニッシュのあとのしぐさから理解できるかと思います。
ややシャフトが横に収まるのがフェード系スイング
CIMG8789.JPG

CIMG8790.JPG
そのため左側にボールを置き閉じながらアウトサイドからボールにアタックする感覚を覚えます。

要するにボールの位置により打ち分けが可能という事になります。
逆にいえばボールの位置というのはそれだけ重要という事になります。

スライスに悩む方は意外と左にボールを置いてフェースを被っている方が多いのです。

皆さん確認してみてください!


スポンサードリンク



TOPへ