猛烈なプレッシャー時での対処法 HARADAGOLF 動画レッスンチャンネル

  • 2016年12月02日

今日は、猛烈なプレッシャーに陥ったときの対処法について

ゴルフはメンタルのスポーツ!

どんなに練習していても

どんなに前の日にメモをしてこれを守っていれば当たる!!と安心しても

いざ現場に行くとどうしても不安!

大きなコンペ、沢山の人が後ろで待っている中でボールを打たなければならないとき!

もう心臓はバクバクです!

そのような時どうしたらよいか?


スポンサードリンク





もうこうなっちゃったらスイング理論は、役に立ちません!

テークバックをこうして

トップではここを感じて!

インパクトでは、こんな感じ!

そんな風にラウンドしていては絶対にダメ!

このような時は、頭の中でビートを刻む!

そのビートを消さないように歩いて行ってそのメロディーに合わせてボールを打つ!

ただそれだけ!

メカニカルなことを考えてはいけません!

よく長縄飛びの競技があり、縄跳びに自分が一人づつ入っていくとき、なかなかその中に入っていけない方がいますが、それはリズムテンポと自分の身体の動きを合わせることができない場合が多い!!

ゴルフも同じでリズムテンポに体の動きをゆだねるトレーニングを常にやっていると、猛烈なプレッシャーに陥ったときすぐに対処できます!

あとは、歩くスピードを一定にしボールを打つときの間合いと歩いていくテンポと実際に打つテンポなど全てを統一するとより一貫性が出てきます!


 

ここから歩いて打つまでのテンポを一定に!

%e6%ad%a9%e3%81%8f%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%80%80

余計なことを考えずにメロディーを消さないで打つ

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc


 

ラウンドで林に入って、行ってきまーース‼!と走って現場まで一目散!息が整っていない打ちに打つと結果が良くない!そんな経験があると思います!

頭の中にあるリズムが狂っていることが原因です!

歩くリズムとスイングリズムをそろえる!

そこから練習していきましょう!

お仕事に行くときの歩く歩幅!常日頃から練習できますね(*^^)v

スポンサードリンク



TOPへ