Harada Golf レッスンカルテのご紹介

  • 2015年03月02日

写真 (115).JPG

今日は、harada golfのカルテの一部の紹介!

harada golfでは生徒さんに、この冬場にかけての練習メニューを作成中でございます。

生徒さん一人一人のカルテでは、生徒さん自身のスイング写真と私の絵を織り交ぜたモノをお渡ししております。

その中で、クラブの力のベクトルと身体の力のベクトルが常に相反する方向を描いた絵のご紹介!!

重力やクラブの重さに対するベクトルに対して逆の方向に力を入れるのがテークバック

ダウンスイングでは勢いがついたクラブのスピードやエネルギーが上方へと向かいそれを下方へのパワーで引き合います。

最後にインパクトではまたクラブのエネルギーが下方へと向かいそれを上方のエネルギーと吊り合います。

このテークバック、トップ、インパクトと3回のベクトルの変化に対して逆の力を発揮するのが背中の力となります。

このように矢印でパワーの方向の理解してもらい、クラブの進行方向に対して、逆の方向に力が入れる事で軸が生まれ、スイングアークに円が生まれ、丸く振る事ができ、結果的にヘッドスピードが上がるという事でございます。


スポンサードリンク



TOPへ