TRX サスペンションY&T スイングアークが大きくなるトレーニング

  • 2015年03月02日

今日は、上半身のパワーアップ&可動域を大きくするトレーニングのご紹介!

このトレーニングによりスイングアークを大きくすることが可能となります!

テークバックを大きくし、バックスイングを高くダイナミックにするためには肩甲骨周りや胸周りの筋肉が柔らかくなければなりません!

おススメトレーニングはベントオーバーYとベントオーバーLです。

前傾角度をキープしながら腕を持ち上げます!前傾姿勢の保持も重要で腕を上げようとすると膝を抜きてお尻が下がりただ前傾角度を起こすだけの動きになりがちです!
しっかり腕を上げる練習をする事でトップでの高い位置を手に入れます!

もうひとつベントオーバーLは、バックスイングの大きさと肘のたたみ方の練習です。

肘をL字型にたたむ技術はスイングプレーンにクラブを乗せるためにもとても重要です!
肘が上手くたためないとアウトサイドイン軌道になったり左肘が抜けてカット軌道になったりとクラブを上手く振る事ができません!

肩周りとそして胸周りのストレッチ効果としても効果があるのでお試しください!

そして応用が今回のテーマのサスペンションY&Tです

その名の通りTRXという道具を使い、両腕でぶら下がり重力や自分の身体の重さを支えながらY型やT型に腕を持ち上げます!

この持ち上げる動きこそバックスイングやフォロースルーと酷似します!

自分の体重を腕で支えます
IMG_6361.PNG

Y型に持ち上げます!
IMG_6362.PNG

IMG_6358.PNG

トップとフィニッシュの高さを高くする!!
CIMG2325.JPG

CIMG2329.JPG

もうひとつがサスペンションT
IMG_6363.PNG

肩周りのトレーニングではこれがかなり重要!!
IMG_6359.PNG

このトレーニングでフォローが大きくなります!
CIMG2328.JPG

身体があまり反ってはいけないので腹筋に力を入れ反動をつけず腕の上下運動を行います!

初心者にはベントオーバーY&L

上級者にはサスペンションY&Tをおすすめします!


スポンサードリンク



TOPへ