両脇が締まったアドレスの作り方

  • 2017年11月13日

おはようございます!

HARADAGOLF
ハラダシュウヘイです!



今日は、質問いただいております!

アドレスに悩んでおります!
構えたとき、どうしてもしっくりきません!
体重配分や腕のポジションなど理想の場所はどこなのでしょうか?

という質問です!


スポンサードリンク


正しいアドレス!
色々なチェック項目がある中で、最も大切な部分をポイント!それは!

しっかりと脇が締まっているという事です!
腕のポジションがとても大切!


アドレスして腕は胸の上にしっかり乗せた場所に置くこと!
これが大切になります!


ただここで注意点!

胸の上にしっかり乗せて脇が締まっている状態でも
前傾姿勢をとると脇が開いている方が多い!

それなぜか!?

アドレスの体重配分です!


少しつま先に乗せすぎ!ボールから離れすぎなどのミスから脇が身体から離れてしまいがち!

こうするとせっかく脇が締まった腕も身体から離れてしまいます!


ではどうしたら良いか!

それは軽くジャンプをしてみてください!

しっかり飛んでみると体重が徐々に脚の真ん中に来るはず!


その体重の位置で腕をだらんと垂れ下げてみるとどうでしょうか?
自然と脇の締まったアドレスが取れるはず!


大体肘から上の上腕部は、胸とくっついている状態が自然な形となります!

脇の締まった正しいアドレスを取ることができれば、ふり遅れも直りやすいしスライス防止になります!

皆さんアドレスを見直してみましょう!


スポンサードリンク


■ HARADAGOLFメールマガジン情報 

11月のテーマ!
【ショートゲームの基本】

ブログでは書けない!いつもHARADAGOLFのレッスンで行っているショートゲームレッスンの秘密!

アプローチをどのように打つのか?
いまさら聞けないオープンスタンスやフェースの開き方の解説

アプローチ、ショートゲームの基本をHARADAGOLFメールマガジンで徹底解説いたします!

HARADADAGOLFメールマガジン!
YouTube
HARADADAGOLF動画レッスンチャンネルでは観られない限定動画も観ることができます!

毎週月曜日
12時に配信しております!

■ HARADAGOLFメルマガのバックナンバーが購入できるようになりました!

HARADGOLFメルマガは、月ごとにテーマを変え一か月単位のセットで購入できます!

5月号
ドライバーの基本

6月号
アイアンショットの基本

7月号
ウェイトシフトの基本

8月号
ハーフスイングの基本

9月号
スイングプレーンの基本

10月号
トップオブスイングの基本

というラインナップ

そんなわけで10月になりましたので
10月号のメルマガが購入できます!



HARADAGOLFメールマガジン発行

HARADAGOLF動画レッスンチャンネルでは、応用!
そしてメルマガでは、基礎を中心した内容となっております!
じっくりと練習したい方
そしてブログでは書けない!
真実を知りたい方!

この「HARADAGOLFメルマガ 基礎から学ぶ 飛ばしの真実」をご覧ください!


登録すると
HARADADAGOLF動画レッスンチャンネルでは観ることができない
メルマガ限定動画を視聴することができます!

サンプル号の動画をご覧ください

基礎を学びたい方!ぜひ登録してみてください!初月は無料です(^.^)
申し込みはここをクリック

メルマガ登録・解除


≪HARADAGOLF動画レッスンチャンネル≫

 

HARADAGOLFウェブサイトにて紹介しているこのYouTubeの動画チャンネル!

ほぼ毎日更新し、世のゴルファーの悩みをHARADAGOLF的視点で色々発信しております!

blogでは少し古い動画を詳細に説明していますが、

最新の動画をすぐご覧になりたい方、

見逃したくない方は、チャンネル登録していただければ、すぐにチェックすることができます!

 

、夜の21時に動画がアップされるように設定されていますので是非チェックしてください!

ここをチェック!

チャンネル登録4





 

そして骨太な内容になってしまったウェブサイトのブログとは別

私個人の毎日の練習日記、そして日々につぶやきのブログは、既存の個人ブログとして昔のブログが復活しております!

これも毎日とは言いませんが、更新しておりますので是非チェックしてみてください!

プライベートblog2


スポンサードリンク



ドライバーとアイアンの違い 3つのポイントから HARADAGOLF 動画レッスンチャンネル

  • 2016年12月13日

今日は、生徒さんの質問から

ドライバーとアイアンでは打ち方は同じなんですか?

どうしてもドライバーが調子のいい時アイアンが調子悪いし、その逆もある!

どうしたらよいか?

という質問!

これはよくある質問で、私自身もとてもよく悩んだことでございます!

でもそれは、まず初めにこう考えることから解決します

ドライバーとアイアンは違う!!

これです!

なんかあいまいに一緒だと考えているとミスが出る!

最下点、最下点の手前でとらえるアイアンショット

最下点を過ぎた上昇過程でとらえるドライバーではそもそも違いが出ますし

そもそもクラブの長さも違います!

ここら辺を考慮してもやはり変化が出る!

今回の動画では、そこを踏まえて

1、アドレス
2、スイングプレーン
3、トップの深さ

この3つで説明してみます


スポンサードリンク






 

1、アドレス

● ドライバー
やや下から捉えるため体軸を斜めにアドレス

ティーアップしているボールをヒットするので

%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%80%80%e3%82%a2%e3%83%89%e3%83%ac%e3%82%b9

● アイアン
体軸をまっすぐにアドレス やや左サイドに体重配分

やや上からクラブを入れる

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%80%80%e3%82%a2%e3%83%89%e3%83%ac%e3%82%b9


 

2、スイングプレーン

● ドライバー
45インチ以上が多いこの頃のドライバー

おのずとスイングプレーンは、フラットになっていく
アップライト(縦)にシャフトを入れていこうとするとシャフトのしなり戻りが使えずにスライスしています

%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%b3

● アイアン
アップライトな軌道でボールをとらえる
シャフトが立つこと薄く長いターフを削り取る

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%b3


 

3、トップの深さ

● ドライバー
クラブの長さがMAXのドライバーは、それだけ遠心力が強くなる
その結果引っ張られてトップが深くなる

%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%80%80%e6%8d%bb%e8%bb%a2%e6%b7%b1%e3%82%81

● アイアン
シャフトも短く、あまりしなりも感じないのでトップ浅くなる

バックスイングでの腰はあまり回転しない

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%80%80%e6%8d%bb%e8%bb%a2%e6%b5%85%e3%82%81


 

         まずはクラブが変わる
             ↓
クラブの特性や目的からボールとクラブヘッドのコンタクトに違いが出る
             ↓
        その結果アドレスが変わる
             ↓

         スイングが変わる

という感じです

スイングの根幹は同じ!
でもいろいろと変化が出る
この応用力がカギとなります!


 

● HARADAGOLF 動画レッスンチャンネル

次回を見逃さないためにも

そしてブログと時間差がありますので新作を見たい方は、チャンネル登録よろしくお願いいたします!
ちなみに既存のHARADAGOLF動画チャンネルもよろしくお願いいたします

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%ab%e7%99%bb%e9%8c%b2

スポンサードリンク



ゴルフレッスンチャンネル
TOPへ