インパクト効率を上げて、ミート率向上を図る HARADADAGOLF動画レッスンチャンネル

  • 2017年11月29日

おはようございます!
HARADAGOLF

ハラダシュウヘイです!



今日は、質問いただいております!

この頃ボールが飛ばなくなりました!特にアイアンが酷い!

私の見解では、クラブヘッドを鋭く走らせようとしてから逆に飛ばなくなってきたように思えます
振れば振るほど飛ばなくなっているように感じますが、どうしたら良いでしょうか?

という質問です!


スポンサードリンク


確かにクラブを振ろうとしすぎて、スピン量が増えるという方も沢山います!

ではどうしたら良いでしょうか?

まずは右手の片手打ちをお勧めします

インパクト効率が悪くなっている場合、アイアンでのハンドファーストなインパクトができていない場合がほとんど!

ですのでまずはウェッジを使って右手の片手打ちを行い、やや低いボールで20yくらいボールを運べるように練習してください!


インパクト効率を向上するための右手の片手打ち

重要なのは、上腕部と前腕部を捻じりながら使う!


腕は肘の関節を境に前側を前腕、後ろ側を上腕といいます!

英語でいうと

前腕(フォーアーム)
上腕(アッパーアーム)

ではどのような意識で前腕、上腕を使うのか!


まず右わきにヘッドカバーを挟んでみてください!

右わきに挟んだヘッドカバーをしっかり落とさないように構えるためには、上腕部が外旋方向に回転していることが大切になります

そうすると自然と脇が締まります!
がしかしそれだけでボールを打つと、クラブフェースが開いてしまいボールが右に飛んで行ってしまいます

そこで前腕部がやや内旋方向に捻じる!

そうすると


前腕部が内旋


上腕部が外旋

これが腕を捻じって使う感覚となります!

腕が捻じれた状態で、インパクトに向かえばボールに対して当たり負けすることなく右サイドでボールを強く押すことができます!

ヘッドカバーを挟んでいる状態で、上腕部が内旋すると脇が開いて挟んでいるものは落ちてしまいます!

ただヘッドカバーが落ちないように上腕部を外旋方向に回して、前腕部まで外旋させてしまうと、今度はシャンクしてしまいます!

ですので

上腕部が外旋しながら前腕が内旋する

このように腕を捻じってインパクトを迎えられれば、効率よくボールを飛ばすことができます!

お試しください!


スポンサードリンク


■ HARADAGOLFメールマガジン情報 

11月のテーマ!
【ショートゲームの基本】

ブログでは書けない!いつもHARADAGOLFのレッスンで行っているショートゲームレッスンの秘密!

アプローチをどのように打つのか?
いまさら聞けないオープンスタンスやフェースの開き方の解説

アプローチ、ショートゲームの基本をHARADAGOLFメールマガジンで徹底解説いたします!

HARADADAGOLFメールマガジン!
YouTube
HARADADAGOLF動画レッスンチャンネルでは観られない限定動画も観ることができます!

毎週月曜日
12時に配信しております!

■ HARADAGOLFメルマガのバックナンバーが購入できるようになりました!

HARADGOLFメルマガは、月ごとにテーマを変え一か月単位のセットで購入できます!

5月号
ドライバーの基本

6月号
アイアンショットの基本

7月号
ウェイトシフトの基本

8月号
ハーフスイングの基本

9月号
スイングプレーンの基本

10月号
トップオブスイングの基本

というラインナップ

そんなわけで10月になりましたので
10月号のメルマガが購入できます!



HARADAGOLFメールマガジン発行

HARADAGOLF動画レッスンチャンネルでは、応用!
そしてメルマガでは、基礎を中心した内容となっております!
じっくりと練習したい方
そしてブログでは書けない!
真実を知りたい方!

この「HARADAGOLFメルマガ 基礎から学ぶ 飛ばしの真実」をご覧ください!


登録すると
HARADADAGOLF動画レッスンチャンネルでは観ることができない
メルマガ限定動画を視聴することができます!

サンプル号の動画をご覧ください

基礎を学びたい方!ぜひ登録してみてください!初月は無料です(^.^)
申し込みはここをクリック

メルマガ登録・解除


≪HARADAGOLF動画レッスンチャンネル≫

 

HARADAGOLFウェブサイトにて紹介しているこのYouTubeの動画チャンネル!

ほぼ毎日更新し、世のゴルファーの悩みをHARADAGOLF的視点で色々発信しております!

blogでは少し古い動画を詳細に説明していますが、

最新の動画をすぐご覧になりたい方、

見逃したくない方は、チャンネル登録していただければ、すぐにチェックすることができます!

 

、夜の21時に動画がアップされるように設定されていますので是非チェックしてください!

ここをチェック!

チャンネル登録4





 

そして骨太な内容になってしまったウェブサイトのブログとは別

私個人の毎日の練習日記、そして日々につぶやきのブログは、既存の個人ブログとして昔のブログが復活しております!

これも毎日とは言いませんが、更新しておりますので是非チェックしてみてください!

プライベートblog2


スポンサードリンク



右わきを締めるインパクト 右わきを空けるバックスイング HARADAGOLF 動画レッスンチャンネル 年末年始のレッスン予定

  • 2016年12月22日

今日は、よく見かける練習風景からの質問

右わきにヘッドカバーを挟んで練習している方が多いですが、どんな効用があるのでしょうか?

これは私もよくやりました!

私がよくやった理由は、当時アーリーリリースだった自分が、レートヒットしたいが為に沢山練習していた覚えがあります!

その結果はどうだったか!

スポンサードリンク




映像的にはかなりかっこよくなりました!

で!

ラウンドでここ一番でシャンクするようになりましたとさ(-_-;)

というのは冗談(笑)

というか本当(^^;)

結論は、あまりやりすぎると腕が振れなくなりシャンクしてしまうこともございます!

ただ右手が外回りしてアイアンがダフる方や、明らかにアーリーヒットして右手が外回りに入っている方にはよくやってもらうドリルです!


 

右手が外回りしてインパクトするとフィニッシュでこんな感じになる
%e5%8f%b3%e3%82%8f%e3%81%8d%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

インパクト付近でボールを押すのは右サイド!

重いものを押すとき脇は締まっていたほうが押せます!

右わきを締めるとしっかりボールを押っ付けることができる

%e5%8f%b3%e3%82%8f%e3%81%8d%e3%82%92%e6%8a%bc%e3%81%a3%e4%bb%98%e3%81%91%e3%82%8b

という言った観点からいうと絶対脇は締まっていたほうがいいのです!

このほうがカッコいいでしょ!

%ef%bc%92%e5%8f%b3%e3%82%8f%e3%81%8d%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5


 

ですがスイングアークが小さくなってしまう!
そしてバックスイング自体、右わきを締める必要はありません!
空いた状態で結構!

 

右わきが、ここで空くは当たりまえ!
%e5%8f%b3%e3%82%8f%e3%81%8d%e7%a9%ba%e3%81%91%e3%82%8b

右わきがトップで体にくっついているプロゴルファーを見たことありません!

たたインパクトからフォローでは絶対締まっていなければなりません!

ここは締まっている場所!
%e5%8f%b3%e3%82%8f%e3%81%8d%e3%82%92%e7%b7%a0%e3%82%81%e3%82%8b
といことでこの右わきにヘッドカバーを挟む場合、インパクトゾーンに特化した練習となります

ですのでハーフスイング付近のふり幅で右わきに挟んで繰り返し50球くらい打つと右わきの締まったインパクトとなり体重をボールに乗せる感覚が理解できるでしょう!


 

● HARADAGOLF 動画レッスンチャンネル

次回を見逃さないためにも

そしてブログと時間差がありますので新作を見たい方は、チャンネル登録よろしくお願いいたします!
ちなみに既存のHARADAGOLF動画チャンネルもよろしくお願いいたします

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%ab%e7%99%bb%e9%8c%b2


HARADAGOLF 年末年始のお知らせ

2016年最後のレッスンは
12月29日(木)
14:00受付までとさせていただきます

年始は

1月4日(水)
西野ゴルフセンター
10:00から13:00までの受付

(夜の部はエムアールゴルフセンターの営業が18:00までの為お休み)
それ以降は通常通りです

1月6日(金)
エムアールゴルフセンターの営業時間が、このまで21:00で終了しますので
この日のレッスン受付が、19:30までとさせていただきます ご了承ください

ではまだまだ年末最後の打ち納めにお待ちしております!

スポンサードリンク


ゴルフレッスンチャンネル
TOPへ