てこの原理を利用してヘッドスピードを上げる HARADAGOLF動画レッスンチャンネル

  • 2016年12月07日

%e3%81%a6%e3%81%93%ef%bc%95

今日は、効率の良いヘッドスピードの上げ方をお話していきましょう!

てこの原理!

小さな力で大きな力を得る!

これがてこの原理となります!


スポンサードリンク





支点をどこに持っていき力点をどこに持っていくか!

支点とは、絶対に動いてはいけない部位

スイングにおける支点は、右手

右手を支点にし、力点を左サイド全体という位置づけにする

簡単な動きでは、左右にシャフトを揺らします

その時右手を動かさず 、左グリップや体全体を使ってシャフトを揺らします!


 

若干わかりづらい方は、動画を参照
%e3%81%a6%e3%81%93

右手を抑えてグリップ側でシャフトを揺らす

%e3%81%a6%e3%81%93%ef%bc%92

左腕から体全体でシャフトを揺らす
%e3%81%a6%e3%81%93%ef%bc%93


シャフトに対して、ダイレクトに力を伝える部分はグリップエンド側!ということは左腕となります!

アマチュアの方は、どうしてもヘッド側を動かそうとしすぎる傾向にあります

先端を揺らすのではなく、根本を揺らす!
そんな感覚になります!

これがてこの原理を利用した分厚いインパクトになるのです!


 

実際にボールを打ちます

テークバックは、ノーコック!
%e3%81%a6%e3%81%93%ef%bc%94

切り返しで力点である左サイドを引きつけます

%e3%81%a6%e3%81%93%ef%bc%95

そしてインパクト
%e3%81%a6%e3%81%93%ef%bc%96


写真ではわかりづらいですが動画を見て研究してみてください!

右手を支点(止めて)左サイドでシャフトを左右に揺らす!

左グリップ、左サイドの使い方を理解すればレートヒットが可能となりシャフトを鞭のように使うことができます!

 

この鞭の動きこそがてこの原理となるのです!

 

小さな力で大きな力を得るこの動きは、やはり力のない子供がとても上手!

大人になると腕の力がついてしまい、このように効率よく動かせないという現状がございます!

しっかりとシステムを理解し根気強く練習すればマスターできます!

練習してみてください!

スポンサードリンク



TOPへ