腰のキレと左脇の締まり 振り遅れ防止とインパクト効率

  • 2015年04月19日

今日は、振り遅れを防止するための練習ドリルのご紹介です!

練習方法はいたって簡単!
左脇にヘッドカバーを挟んでスイングするだけです!

これ!めちゃくちゃ難しいです!!

テークバックでまず落ちます(^_^;)

変なところの筋肉がつります(笑)

スイングも小さくなってボールも飛びません…

ただこれが上手くできると腕と身体の接合部分がネジが締まりますのでパワーをボールに伝える伝達能力が高まりインパクト効率が格段に上がります!

ようは振った以上に飛ぶという事が起こるのです!

まずはトップからダウンにかけて下半身からリードするときに左肩の開きが抑えられるとギュッと左脇が締まりヘッドカバーを締めつけることができます!
そしてインパクトからフォローで左腕のローテーションが起こりボールを使える事に成功します!

左肘が抜ける方、スライスに悩んでいる方はこの練習が必要かもしれません!

ここもヘッドカバーが落ちやすい
CIMG2905.JPG

インパクトで腰が開いても肩は開かない!これにより左脇が締まる
CIMG2906.JPG

フォローでフェースローテーションが起こるのは左脇が締まっているから!
CIMG2907.JPG

初めはヘッドカバーではなく予備のグローブなどを挟む事をお勧めします!

とても難しいドリルですがチャレンジしてみてください!


スポンサードリンク



TOPへ