ベルトの下(インパクトゾーン)でクラブを最速に振る技術 HARADAGOLF動画レッスンチャンネル

  • 2017年02月05日

おはようございます!

HARADAGOL
ハラダシュウヘイです!



 



 

今日は、ヘッドスピードを上げる練習の紹介です!

ヘッドスピードを上げる!

そのためには、効率が大事です!

クラブの運動量と手元の運動量に差をつける!
それがスピードを上げるポイントとなります!

スピードの出ない方というは、とにかくこの点が弱い!

ヘッドの運動量と手元の運動量が同じ!
これではスピードが出ません!

ではどうしたらよいか!


スポンサードリンク


 

まずイメージでは、ベルトの下でスピードを最大にする!
これが大事!!


 

低い位置でスピードを最大にする技術!!

ベルトの下で振る

ボールのある場所というのは、地面です!

地面に近い時にヘッドスピードが最大になる打ち方が最も飛距離が出る!

たとえば、ボールに当たってから、かなり上の場所でヘッドスピードが最大になってもそれは意味がありません!



 

上に振ってしまう方が多い!

ベルトの下5

ちょうどボールの当たる瞬間にスピードがMAXになる!

そのためには、左サイドの使い方にコツがあります!

インパクトの瞬間!

グリップエンドを左サイドで下に押す!

ベルトの下2

これです!



 

どういうことかといいますと

ダウンスイングにかけて、左足で踏み込んで腰を切ってインパクトゾーンに向かって腕が下りてきます!
そうすると自然と左サイドが上に上がっていきます!

ベルトの下

この瞬間!

グリップの下に下げる!

ベルトの下2

そうすると
グリップはひざ下!
クラブヘッドは肩の上!

という関係性になります!

これが最も効率のいいヘッドの動かし方になります!

もしそのまま左サイドが上がったまま一方通行で上に引き上げてしまっては、ヘッドの運動量と手元の運動量が同じになり、結果的には効率よくヘッドスピードを上げることができません!

ベルトの下5



右手に対してクラブヘッドとグリップエンドでシーソーゲーム!
ベルトの下3

グリップエンドが下がってクラブヘッドが上に上がる!
ベルトの下4

ヘッドの運動量を上げるため、左サイドのさばき方にショットした秘密が隠されているのです!

これはどちらかというと本能的にできる方がほとんど!

意識してやりすぎると引っかけなど色々ミスが出てきます!


 

ですのでよっぽど左ひじが抜けてスライスに悩んでいる方!

ボールが曲がってもいいから飛距離を出したい!と考えている方にレクチャーしたりします!

あまり一般向けの技術ではありません!

でも理にはかなっており、どうしても飛ばないと考えている方は一度試してみるのもよいかと思います!

では!!



≪HARADAGOLF動画レッスンチャンネル≫

 

HARADAGOLFウェブサイトにて紹介しているこのYouTubeの動画チャンネル!

ほぼ毎日更新し、世のゴルファーの悩みをHARADAGOLF的視点で色々発信しております!

blogでは少し古い動画を詳細に説明していますが、

最新の動画をすぐご覧になりたい方、

見逃したくない方は、チャンネル登録していただければ、すぐにチェックすることができます!

 

大体、夜の21時から22時あたりに動画がアップされるように設定されていますので是非チェックしてください!

ここをチェック!

チャンネル登録4





 

そして骨太な内容になってしまったウェブサイトのブログとは別

私個人の毎日の練習日記、そして日々につぶやきのブログは、既存の個人ブログとして昔のブログが復活しております!

これも毎日とは言いませんが、更新しておりますので是非チェックしてみてください!

プライベートblog2

プライベートblog


スポンサードリンク


TOPへ