身体を開かないように練習している方の注意点とは!  HARADGOLF動画レッスンチャンネル

  • 2017年02月15日

おはようございます!
HARADGOLF

ハラダシュウヘイです!

今日は、質問いただいております!

身体が開いてスライスや左への引っかけが出てしまうという状態からゴルフを始めました!

色々とゴルフを習っていく過程で、体を開かないスイングというのが私の目指すスイングであると確信し、練習している所でございます!

なにか体を開かない練習をする上での注意点を教えていただけますでしょうか?!

という質問です!



これは、誰しもが持っている悩みではないでしょうか!
ゴルフは、右に回って左に回る!
その中で左に回るときが一瞬上半身が下半身より先に開いてしまうと左に飛んでしまったり、カット軌道からのスライスがかかってしまったりとミスを誘発してしまいます!


このスタイルのダウンスイングを目指したい!

 

そのため体を右に向けたまま打て!!

ターゲットに背中を向けたまま腕を引き下ろせ!

などのアドバイスが存在します!


スポンサードリンク


ではそんな中での注意点!

それは、簡単に言うと!

やり過ぎはダメ!!

これです!

これだけ(;’∀’)

いや厳密にいうと「本当に右を向いたままで打ってはいけない」という事!

この「本当に!」という言葉が大事!

「本当に」ではなく、そのようなイメージで打て!

という事になります!


というのは、実際のスイングにおいて上半身が開いていなくても下半身は開いていなければ、ターゲット方向にクラブを振り抜くことはできません!

では本当に右を向いたままクラブを引き下ろすとどうなるか!

そのままプッシュoutして右に飛んでいきます!

 

または、クラブがアウトサイド方向に抜けていくのでよほど体幹が強くないと前傾角度が起き上ってダフったり、トップボールなど色々なミスが出てしまいます!

前傾角度が起き上がる

開きたくないから右に腰も肩をすべて回す



身体を回転させながら一瞬開いていない状態があればそれでよいのです!

練習方法としては、超オープンスタンス打ちをお勧めします!

下半身を45度くらいターゲット方向に開いて構え、上半身はボールと正対します!
これだけでかなりの捻じれを感じるはず!

これでより捩じるようにバックスイング!

そしてインパクト!
ここでも捻じれを強く感じるように!


この練習からわかるように、身体を開かないようにスイングするといっても下半身は回転しているという事!
しかも右を向いている感覚は、一瞬でしかありません!

ようするに極端にやるという事は、大事ですがそれが過度になりすぎると違う弊害が生まれます!

身体の開きを抑える練習をする上での注意点は、あくまで上半身!

下半身は開いてもいいという事を意識したうえで

上半身を開かない感覚を理解してみてください!!



≪HARADAGOLF動画レッスンチャンネル≫

 

HARADAGOLFウェブサイトにて紹介しているこのYouTubeの動画チャンネル!

ほぼ毎日更新し、世のゴルファーの悩みをHARADAGOLF的視点で色々発信しております!

blogでは少し古い動画を詳細に説明していますが、

最新の動画をすぐご覧になりたい方、

見逃したくない方は、チャンネル登録していただければ、すぐにチェックすることができます!

 

大体、夜の21時から22時あたりに動画がアップされるように設定されていますので是非チェックしてください!

ここをチェック!

チャンネル登録4





 

そして骨太な内容になってしまったウェブサイトのブログとは別

私個人の毎日の練習日記、そして日々につぶやきのブログは、既存の個人ブログとして昔のブログが復活しております!

これも毎日とは言いませんが、更新しておりますので是非チェックしてみてください!

プライベートblog2

プライベートblog


スポンサードリンク


TOPへ