スイングプレーン 

  • 2016年09月02日

今日はスイングプレーンについてです

スイングは指紋と同じといった方がいます!

一つとして同じものがない!

そしてスイングプレーンに対してもいろいろな正解があり、一つではありません!


スポンサードリンク




大まかには3つ

オンプレーン系

ループ系

逆ループ系

この3つに分かれて考えます

ゴルフレッスンにおいて、スイングプレーンを修正することはよくあります!

それにより改善することもあれば、改悪となる場合もございます

しかし、上記の大まかな大別された3つのパターンははっきり言って直りません!

持って生まれたものといいましょうか!

ここを直すとなると容易ではないというか不可能に近い!

私自身、20代前半のころスイングプレーンをオンプレーンにしてみたりいろいろ試みましたがやればやるほどゴルフがダメになってしまいます!

というか全然スピードが出ません!

私は、持って生まれたプレーンが逆ループ系!

なんとかオンプレーンにしようとカッコいいスイングプレーンを心掛けましたが直ることがありませんでした!

逆に言えば、そこを直せば直すほどミスショットが増えるというジレンマ

そしてまた何も考えずに打とう!と心掛けるといつものまにか逆ループのスイングになっているではありませんか!!!
そんなことを昔は繰り返していたように思われます!

さて話が少しそれましたが、3つに大別されるプレーンの説明ですが

まずはオンプレーン

これは、テークバックの軌道とダウンスイングの軌道が同じ軌跡を描きます!

理想的なプレーンとなります!

次に
ループ系

これは、テークバックがアウトサイドに上がりダウンスイングでオンプレーンに入ります

外に上がって、内側を通るスタイルです

最後に
逆ループ系

これは、テークバックでインサイドに引き、ダウンスイングでオンプレーンに入る

内側から引き込んで、切り返しで外側から入り込んでオンプレーンに入る!

私はこの逆ループ系!

ややインサイドに引きこみ
逆ループ

ダウンスイングでプレーンに入れて
逆ループ

フォローも少し外に入る

逆ループ

逆ループタイプの徐々にインサイド→オンプレーン→アウトサイドにフォロー

というように徐々に外側へと遠心力で遠くに引き伸ばされるタイプのスイングとなります

まだまだ分ければ沢山ありますが、大きな枠組みでいえばこの3つでございます

この枠組みをいつも頭において、自分に合ったスイングプレーンを作ることがとても重要!

3つに大別されるものでも共通点はございます!

それはダウンスイングはオンプレーンだということ!
ここがアウトサイドに外れていたり、インサイドに外れていてはいけません!

基本を抑えた状態で、自分に合ったプレーンを理解すること!

自分のスイングをカメラで撮っていつも悩んでいる方!

自分の傾向を理解し、直す場所と直さなくてよい場所を理解してください!!


スポンサードリンク



TOPへ