スリクソン Zシリーズの試打クラブ

  • 2015年02月28日

Zシリーズのヘッドが保管してある特殊なキャディーバック
IMG_1094.JPG

Miyazakiシャフトや各種メーカーのシャフトが保管されております
IMG_1095.JPG

IMG_1098.JPG

今日はただいま好評中のスリクソンZシリーズの試打クラブがどのように保管されているかを紹介いたします。

Zシリーズは、シャフトがMiyazakiシャフトで30種類(それ以外にも、マミヤのアッタス、グラファイトデザインetc)、ヘッドは、ドライバーが925、725、525の3種類
FWが725と525の2種類と多種多様でございます。
そのため、別々にストックされていてその都度、要望に合わせて手軽に脱着して試打できるのです!
プロのフィッティングみたいですね!!

今まで以上に色々なシャフトを試せるのはこの脱着システムのおかげ!!
昔は、ゴルフ工房の職人さんに開いて入れてもらったり、閉じて入れてもらったり、色々な技があったのに今はそれが、自分でカチャカチャとできてしまうなんてテクノロジーってすごい!!

でも細かな調整は、やっぱり職人さんに頼まないとダメですけどね!


スポンサードリンク



TOPへ