股関節の動きを理解して正しいトップの位置を覚える

  • 2015年03月02日

今日は、股関節の動きを覚えてより深いトップを作るドリルのご紹介。

バックスイングでしっかり捻転できていない方や右へスウェイしがちな方というのは正しい股関節の動きを理解していない場合が多いです。

テークバックからトップで、若干左ひざが前に少し出して、右足と左足の間に空間が出るようにするとトップが深くなり、かつ重心が低く安定したスイングが出来ます。

ドリルの方法は簡単!!

クラブを両脚の間に挟んで、時計回りに回します。そうすると左ひざが前に出て右ひざが少し伸びます。
この動きを練習すると、重心の位置が左足のつま先と右足のかかとに方向に移動します。

右へのスウェイや身体の上下動を抑え、軸を意識しながらしかも体重移動ができます。

クラブを右足前から左足後ろに通して時計回りに回転する
CIMG0670.JPG

実際のトップでも同じ形になる
CIMG0671.JPG

CIMG0672.JPG

CIMG0673.JPG

CIMG0674.JPG

皆さんお試しください!


スポンサードリンク



TOPへ