ハーフショットの打ち分け (2種類に分類) ヘッドの走らせるショットとライン出し

  • 2015年03月02日

今日はハーフスイングについてご説明いたします!

ハーフスイングはゴルフスイングの最も重要なインパクトゾーンの構築に欠かせない練習です!

ベルトからベルトまでの半円を上手く描けないと方向性、そしてミート率を上げることはできません!

そしてharada golfでのレクチャーではハーフスイングは2つの種類に分類されます!

初心者や中級者のハーフスイングと上級者のハーフスイングではやや異なってくるのです!

初心者などこれからスイングを作っていく生徒さんに提供するハーフスイングは、とにかくヘッドの走りです!

そのため、バックスイングでしなったシャフトをすぐさましなり戻しインパクトで開放した後、またシャフトが自分の方に向かってリコックされていきます!

これをコック&リコックとも呼びます!
CIMG1089.JPG

コック&リコックによりフォローでしっかりコックされている!
CIMG1090.JPG

それに対して、上級者のハーフスイングではラインを出してフォローでシャフトと腕が一本化されます。

このときしなり戻りが効いてくるのを抑え込みます!

ようは狙い打ちでございます!
CIMG1089.JPG

シャフトと腕が一本化!
CIMG1091.JPG
このライン出しハーフスイングはヘッドの走りをしっかり理解した上級者が、逆にヘッドの走りを抑え、体幹を使った体力を使うスイングでございます!

ヘッドを走らせる技術!
CIMG1090.JPG

ヘッドの走りを抑えてコントロールする技術
CIMG1091.JPG

この2つのハーフスイングを上手く使い分けて練習することでヘッドの走り理解し、ヘッドの走りを抑えて体幹の強さでヘッドと身体の同調感も体得できるでしょう!!


スポンサードリンク



TOPへ