ベン・ホーガン パワーゴルフを参考に

  • 2015年03月02日

今日は、シャフトのしなりの説明いたします!!

シャフトのしなりの説明でいつも例を出すの釣りざおを使って遠くにキャストするときの竿のしなりを利用する運動形態です
竿のしなりを利用して投げ込むスタイルとトップからダウンにかけてシャフトのしなりを受け止めてインパクトに向けて逆しなりに向かうスタイルとがとても酷似しているということです。

タメを利かせてボールを打つスタイルをイメージする時、シャフトをぎりぎりまでしなりを作りボールの当たる瞬間にしなり戻りボールを弾くと考えがちではございます!

しかし本来、シャフトがMAXしなるイメージとなるのは、トップからダウン初期とポジションでその後は、しなり戻りながらインパクトに向かいます!

このしなり戻りの意識がない方は、どうしても右へのミスがなくなりません!

大体、腕がベルトの位置付近まで降りた時には、シャフトは逆しなりを起こし、トゥダウンを起こしインパクトへと向かいます!

このしなりを支えるのは、足腰からの切り返し、強い体幹、しなやかな腕の振りです!

シャフトのしなりを理解する事ができれば、切り返しをゆっくり行う事ができ、タイミングを常に一定にしてインパクトを迎える事ができるので、安定感が抜群によくなります!

ベンホーガンのシャフトのしなりと比較してみます!

写真 4 (5).JPG

写真 5.JPG

足腰との捻じれ差を作り、しなりをMAXにする!
写真 4 (3).PNG

ここまでがシャフトがしなるエリア
写真 1 (4).PNG

ここからシャフトの逆しなりが始まります!
写真 2 (4).PNG

ホーガンも右肘は身体に引き付けているがクラブは逆にしなり始めている!
写真 1 (13).JPG

ここでシャフトのしなりがトゥダウンとつながります
写真 3 (4).PNG

写真 2 (13).JPG

写真 2 (12).JPG

シャフトの逆しなりでボールを追いかけるようにインパクト~フォロー
写真 5.PNG

写真 4 (4).PNG

写真 1 (14).JPG
皆さん参考にしてみてください!


スポンサードリンク



TOPへ