前傾キープと鋭いリストターンを覚えるドリル ベントオーバーローと共に

  • 2015年03月02日

今日は、前傾姿勢のキープしたままのインパクトとそして爆発的リストターンを覚えるドリルのご紹介!

前傾姿勢のキープは、蓄積されたパワーを余すことなくボールに伝えるために欠かせないファクターとなります!

インパクトで前傾姿勢が起きてしまうと力の強い方の場合チーピン、力のない女性などはスライスなどに悩まされてしまいます!

前傾キープの秘訣は、ズバリお尻の持ち上げ!!

すこーしお下品な表現で言わせてもらえばお尻の穴を上に向けたままの姿勢でインパクトに向かうという事!!

お尻の向きが上ではなく下を向くということは膝が前に出て身体が起き上がった状態を指します!

このプレインパクトポジションのときのお尻のプリッとした感じが重要!
CIMG1524.JPG

フォローも重要!
CIMG1525.JPG

しっかりお尻の穴を上に向ける事で前傾を保持する事ができるのです!

そしてその姿勢を保持しながら体幹を固定させて胸椎の鋭いターンで腕を振るドリルというのが今回紹介するドリル!

かなり上級なドリルではございますが効果はてきめん!!

片手で前傾をキープ(お尻の向きを意識して)片手ずつスイングします!

胸の鋭いターンで腕を身体の正面で振っていきます!

体幹部は腕を後追いさせません!

常に姿勢保持に留意し、胸をターンさせます!

腕が最高点まで上がるトップとフォロー時の時お尻のポジションがずれると前傾姿勢が崩れボールをミートすることはできません!

CIMG1526.JPG

この時が一番お尻が向きが下に向きやすい!
CIMG1527.JPG

体幹を安定させて胸をターンさせ肩甲骨を鋭く動かしリストターンを行います!
CIMG1528.JPG

この前傾姿勢の保持しながらのパフォーマンスを可能にするため私は、あるトレーニングを常にしております!

その名もベントオーバーロー!!

お尻をプリッ!!とさせながら90度位前傾させてバーベルを上げるトレーニングです!

バーベルを引き上げるときお尻の向きが下がると前傾姿勢が崩れてしまいトレーニングの意味がありません!!

このベントオーバーローで姿勢保持を覚え、そしてその姿勢保持の状態で胸を鋭く回転する事で鋭いリストターンを行うのです!!

トレーニングとゴルフスイングの融合はHARADAGOLFパーソナルトレーニングでレクチャーいたします!!

興味のある方はお声をかけてください!!


スポンサードリンク



TOPへ