ショートアイアンショット

  • 2015年03月02日

今日はショートアイアンのスイングをアップします!

日ごろドラコンとか飛距離アップだとかとにかく遠くに飛ばすことだけを念頭に練習はしていますが、スコアに直結するゴルフギアはやはりショートアイアン!!

ドライバーで飛ばした後のショートアイアンでグリーンを捉える事ができるか!
ピンに絡ませる事ができるか!

ここがスコアアップのカギとなります!

ショートアイアンで必要な事柄は大きく分けて

1、ある程度の飛距離

2、ある程度振らなくても飛距離の出る重いインパクト

3、ある程度高さを抑えて低めの出球から除々に上がっていくスピンの効いたボール

この上記の中で2、の振らなくても飛距離の出る重いインパクトというのが重要となります!
ドライバーのように振りまわしてしまうと左に引っかかってしまう危険性が出てきます。

そしてフェースが開いて当たってしまうとインパクト効率が悪いので結局振りまわてしまいます。

ショートアイアンは振りまわさずに遠くに飛ばす技術が必要となります!

イメージは、インパクトで終わり!

インパクトで即終了です!

後は惰性でフィニッシュへ向かうという事です。

インパクトでロフトを立たせてやや上から潰すようにインパクトに向かう!
クラブの重さやシャフトのしなり、腕の重さなどをボールにぶつけて終わり!

ヘッドスピードはあまり上がりませんがミート率はこれで上がります!

トップはコンパクトの方がイイ!シャフトが高い位置のところで止めれると逆に高さを利用して重いインパクトが可能となります!
CIMG2325.JPG

この位置はあまり意識しなくてもいいです!! ただこの位置でシャフトのしなりを感じられると重いインパクトが可能となります
CIMG2326.JPG

下に下に押し込むようにインパクト!ここでスイング終了!
CIMG2327.JPG

ここからはおまけ!!惰性でフィニッシュまで!
CIMG2328.JPG

このように両腕が伸びたフォローを形だけ真似ると一番良くありません!あくまで惰性
CIMG2329.JPG

CIMG2330.JPG

ちなみにこの打ち方は女性だと9IからPW
男性だと8Iから7Iまででそれ以上でやり過ぎるとボールが上がらなったりスライスボールが出て逆にボールが飛ばなくなってしまいますのでお気をつけてください!


スポンサードリンク



TOPへ