ショートゲーム 入射角をコントロール!

  • 2015年03月02日

今日もショートゲーム

今回はスローモーションで解説!

特にインパクト付近のクラブの入射角度を見てみましょう!

ボールを右に置いてインパクトする場合、おのずと入射角度が上から入ってくるので低く打ち出せれスピンが強くなっていきます!

逆にボールを左に置いてインパクトを迎える場合、ボールに当たる前にまずバンスが芝に当たります!ようは若干ダフッているのです。
この場合ボールの下をクラブがくぐるようなスタイルになりボールを高く打ち出す事ができます!

高いボールと低いボールを交互にあまり同じ打ち方を繰り返し練習しないようにして実践向けのトレーニングを積みましょう!

アドレスの違いは前回で説明済み 低いボールは右寄りのポジション
CIMG2334.JPG

高いボールは左寄り
CIMG2335.JPG

低いボールの場合

低いボールは入射角がボールに対して鋭角に入れていく!
CIMG2336.JPG

右手の角度がアドレス時と同じハンドファーストとなる
CIMG2337.JPG

低く地面を這うようにフォロースルー
CIMG2338.JPG

高いボールの場合

グリップはソフト!そしてバックスイングが大きくなるのでリストコックが自然と入る
CIMG2339.JPG

ボールに当たる前に芝にバンスが当たる!ようはダフるということ!
CIMG2340.JPG

緩やかな入射角でボールの下をクラブが抜ける
CIMG2341.JPG

ヘッドは低く抜けて右手の平が上を向き始める
CIMG2342.JPG

CIMG2343.JPG


スポンサードリンク



TOPへ