マリガンゴルフの由来

  • 2015年03月02日

CIMG8324.JPG

今日は、太平ゴルフセンターにてレッスンの予定でしたが天候が悪くセンター側がクローズになってしまい、急きょ休講となりました!!

そんなわけで暇になり今日は、マリガンゴルフの由来をご紹介いたします。

マリガンゴルフとは、朝一のティショットだけ一回試し打ちが出来る制度!!
身体が固くなっている朝のティショットは、誰でも緊張します。
そこで、一回だけ保険をかけれるのです。

その一打がОBでも、それを無効にする事が出来る世界のゴルファーにとって、とっても優しいルールでございます。

マリガンゴルフの由来をインターネットで調べると、「David Mulligan(人の名前)に由来。 ゴルフ好きのMr マリガンさんは著名なビジネスマン(多くのホテルを所有)で多忙な彼はいつも練習なしでスタートして行く、そこでゴルフ仲間は彼だけにスタートのティーショットが不満で有れば1回のみ打ち直しが出来る温情ルールを作ったのが始まり」と書いてあります。

しかし、摂津茂和の「ゴルフ千夜一夜」では違った見解を書いてあります。

マリガンゴルフについて、1920年代に活躍したトミー・アーマーはこう言っております。
「有名なマリガンが、いつ頃ゴルフ史に登場したか、また彼がなんびとであったか私は少しも知らない。私が子供であったころのスコットランドには、(アーマーはスコットランド人)、マリガンはなかった。もしわれわれがミスショットをすれば、それはいかなる場合でも1つのミスショットと数えたのだ。私はアメリカではじめてマリガンを知った時驚いた。私には、一度打ったショットを数えないという哲学がどうしても理解できなかった。だが、のちになって、やっと意味がわかった。つまり無考えなゴルファーに、今一度考えるチャンスを与えるのが目的だという事を」

そんななか、ロンドンで出版されたゴルフ評論家ドナルド・スチール編集の‘The Golfers Bedside Book‘のなかで、プロのピーター・アリスが、これまた次のような面白い昔話を紹介しています。

スコットランドのダンディにある市立ゴルフ倶楽部の古い会員に、リービー、マク二ッシュ、ブラウンという3人のスコットランド人とミリゲンというアイルランド人の医者がいて、毎週土曜日の午後2時36分から、4人でフォア・ボールのマッチをするしきたりになっていた。

ところが、ある日医者のミリゲン先生が、インフルエンザにかかって、ポックリ死んでしまった。
その葬式がすんだあとの最初の土曜日の午後に、例によって残りの3人が、ゴルフ倶楽部に集まったが、あいにくと土曜日の午後は、4人組でないとプレーできない規則になっていたので、3人はやむを得ず1計を案じて、死んだミリゲン先生を加えて、いつものように4人の名を書いてスターターに申し込んだ。

このスターターというのが第1次大戦で片腕と片眼をうしない、戦後、ダンディの地方議員をしていた義兄の世話で、ここのスターターに採用されたアンガス・クロードという人物です。

スコットランドのゴルフコースでは、たいていどこでも1番ホールのティーグラウンドのすぐそばに、昔の交番みたいな小さなスターター小屋があり、その中で、デスクに向かったスターターが、スタート名簿を観ながら、順番が来ると、小さな窓越しから一人ずつ声をかけます。

とくに土曜日の午後は、スターターの一番忙しい時で、しかも片腕、片目でなかなか大変でした。
しかも寒さしのぎに、デスクの下に隠したウイスキーでかなり酔っていました。
そんな中で3名はプレーに入ります。
スターターが
Mr.levy,Play away,please
と名前を呼びました。そして、リービーがティーショットをすると、つづいて
Mr.Mcnish,Play away,please 
と名前を呼びました。そしてマク二ッシュがティショットすると、つづいて
Mr.Brown,Play away,please 
と名前を呼びました。ところが、最後にどうしたわけか、ミリゲン先生の「Milligen」を読み違えて、
「Mr.Mulligan,Play away,please」と名前を呼びました。

多分、酔っぱらったせいでミリゲンマリガンとなったが3人はどうでもよかったのです。

その声に応じて、今打ったブラウンが、なにくわぬ顔をしながら、もう一度ボールをティアップして、ティショットしました。
もちろん、スターター小屋の小窓の中にいるスターターには気がつかなかったのです。
こうしてうまうまと4人組になりすました3人は、これに味をしめて、その後も土曜日には、3人のほかにマリガンの名を加えて申し込み、スターターがマリガンの名を呼ぶと、3人のうちの1人が、ティショットを2度することにしたというところでピーター・アリスの話は、ここで終っています。

一応、このマリガンの由来とネットに出ているデビッド・マリガンのお話を両方知っていて
損はないかと思います!!

でも、マリガンゴルフは忙しいサラリーマンや練習できなくていきなりティショットしなければいけないゴルファーには福音ではないでしょうか!!


スポンサードリンク



TOPへ