ライン出し スイング

  • 2015年03月02日

コンパクトなバックスイング
CIMG8738.JPG

静かなウェイトシフトであまり積極的な動きを抑える
CIMG8739.JPG

シャフトのしなり戻りを抑えて低く低く地面に押し込むようにインパクト
CIMG8740.JPG

リストを返さず腕とシャフトが一体化して動く
CIMG8741.JPG

フィニッシュではクラブが身体に巻きつく前に終了する
CIMG8742.JPG

今日は、アイアンのライン出しのスイングをアップします。

ライン出しとは、飛距離より方向性を重視し、グリーンを狙う時によく使います。
使用クラブは、主にショートアイアンになります。
どのようにスイングするかというと、その名の通りターゲットライン上にクラブを押し出すようにフォローをとります。

バックスイングはややコンパクトにして、ダウンスイングでしっかりシャフトをしならせて、そのしなりを返さず、しなったままボールに向かっていきます。
ですので、ロフトがやや立った状態でインパクトする事になり低いボールで打ちだされます。

動画をご覧になればお分かりになると思いますがフォローでシャフトが身体に巻きつきません。
インパクト付近で全ての力を出し切り、フィ二ィシュに入る前に減速に入っていくスイングとなります。
ですので、ロングアイアン、ウッド系ではよほどのパワーがないと振り遅れたり、飛距離が出ません。

だいたい一般のアマチュアの方では130~150ヤードあたりまでの距離をこのライン出しで打てればパーオン率が飛躍的に上がるでしょう!!

お試しください(^-^)


スポンサードリンク



TOPへ