ライン出しスイングとフルスイングの違い

  • 2015年03月02日

今日はライン出しスイングと普通のフルスイングの違いをご説明いたします。

基本的にグリーンを狙いショットはコントロール重視になるのでライン出しスイングをベースに行いますが、高い球が必要な時、MAXの距離がちょうど合うシュチュエーションの場合などはフルスイングを行います。

しかし、大体は番手を一つ下げてライン出しでコントロールしてグリーンを狙う事の方が確実でございます。
風が強い日などは、フルスイングだと高く球が上がり過ぎるので低くボールを抑えスピンをコントロールして確実にグリーンに乗せる技術が重要となります。

前回は前方からの撮影だったので今日は後方からの動画をアップします。

ライン出しスイングの場合、ターゲットに向かってスクエアに押し出しインパクトで終了というスイングとなります。
シャフトのしなり戻りをあまり使わず、シャフトが立ったところで終了いたします。

フルスイングの場合、切れ味鋭くフィニッシュまでシャフトが巻きつきます。若干スピン量が増えますのでボールを高く上げて攻める時にはこのスイングを使います!

両方ともラウンドでは必須の技術となりますが、ミドルアイアンやロングアイアンなどでは、逆にスピン量が必要になってくるので、ライン出しで打つにはよほどのヘッドスピードがないとスピン量が減り、ボールが失速してしまいますのでこの技術はショートアイアンのみスピードに自信のない方は8Iか9Iくらいまでのアイアンで試してみてください!

ライン出しのインパクトとフルスイングのインパクト ほとんど変わりはない!
CIMG8765.JPG

CIMG8773.JPG

ライン出しとフルスイングのフォロー ライン出しはシャフトが立った状態(フェースローテーションを抑えた形 フルスイングはリストが返ってシャフトが背中に巻きつこうとしている
CIMG8766.JPG

CIMG8770.JPG

ライン出しのフィニッシュとフルスイングのフィニッシュ ライン出しはシャフトが立った状態で終わり! フルスイングはしっかり最後まで振り切る!


CIMG8767.JPG

CIMG8774.JPG


スポンサードリンク



TOPへ