グリーン周りのウェッジショット

  • 2015年03月02日

今日は、52°のウェッジでのアプローチショットをアップします。

グリーン周りと言ってもカラー付近の場合あえてウェッジを使わずに8Iや9Iなどを使ってチップショットを行えばいいのですが少しキャリーがほしい場合、ウェッジをチョイスします

まずは、肩のタテ回転が重要になります。
そしてボールの位置を右側にしてややオープンスタンス。
右に置く事によりハンドファーストになり右手の角度を保持しながらインパクトします。

横からの映像でも少しオープントゥクローズの感じがあるようにバックでは自然とリストコックが入り、インサイドからやや開いてボールに滑り込み、ソールが地面をこすり、若干ターフを削りながらクローズフェースになって終わります。

スピン系のボールを使えばこのショットでもスピンは結構効きます。
このショットはシャフトのしなりや、小さなウェイトシフト、フェースローテーションなど全てのスイングの肝が入っています。

少しオープンスタンスに構えます

CIMG8878.JPG

肩を縦に回転させバックスイング この時クラブフェースは少しオープンとなります
CIMG8879.JPG

インパクトはハンドファーストでとらえ、少しターフを削ります
CIMG8880.JPG

フォローでクラブフェースはやや左を向いてクローズフェースとなります

CIMG8881.JPG
フルスイングで悩んだ時は、このアプローチショットを練習すれば、ショートゲームだけではなくロングゲームのトレーニングにもなるので一石二鳥になる事でしょう!


スポンサードリンク



TOPへ