ラウンドレッスン プレーの流れ

  • 2015年03月02日

ラウンド後にまた練習場でボールを打ちました
CIMG8936.JPG

今日は、オークウッドゴルフクラブでラウンドレッスンでした。

気温は4°くらいで風が強かったのでスタート時はかなり寒かったですが、徐々に気温が上がってきてなんとかラウンドする事が出来ました。

今日の参加者は今年初のラウンドです。
スイングの要点を簡潔にしてプレーの流れをラウンド中、常にレッスンしました。

プレーの流れというのは、ターゲットを確認して、素振りをして、ボールにセットしていざスイングという一つの流れを途切れることなくスムーズに行うということです。

一番多いのが、素振りをしたあとアドレスをして固まるパターンです。

このパターンの場合、アドレスに入ってからまだ思考回路が機能しているという事が考えられます。

アドレスに入ったら思考回路は、シャットダウンして実行に移すのみ!

思考回路を研ぎ澄ますのはアドレスに入る前の素振りやターゲットを見定めている時です。

アドレスに入る前に決断し、アドレスに入ったらその決断どうりにただ打つのみ!!

この流れを理解するためには、まず簡潔なプレショットルーティーンを覚える事が重要になります。簡潔なル―ティーンを覚えて簡潔なプレースタイルを身につける!簡単に言うとプレーを早くするという事です。

かの有名な19世紀から20世紀に活躍した、イギリスのプロゴルファーで早打ちで有名なジョージ・ダンカンはこういう言葉を残しております。

早くミスせよ!

時間をかけて考えミスしたときのストレスを考えるならば、すぐに打つべきという教えです。

ただいい加減というわけではありませんが、私もこの考えに賛同します!!

スロープレーは、後ろの組に迷惑をかけるだけではなく、同伴プレーヤーにも嫌な思いをさせますし、自分のプレーも良くはならないのです!

そしてラウンドが終了し、そのまま練習場に向かい、30~40球くらいボールを打ってもらい今日の反省をしてもらいました。

今日の反省点や、ラウンド中にひらめいた事などをすぐに試すという事が上達の秘訣です。

100球も打ってしまうと疲れてしまうので30球くらいでいいと思います。

ラウンドが終わり、すぐお風呂に入ってさようなら! というのも良いですがやはり上達のためにはラウンドの後の練習がもっとも身になると思います。

という事で、今日はこんな寒い天気の中、お付き合いしていただいた生徒さん! お疲れさまでした!


スポンサードリンク



TOPへ