ボールポジション クラブのシャフトの傾きでボールの高低を打ち分ける

  • 2015年03月02日

今日は、ショートゲームにおいてボールの高低の打ち分け方をご紹介いたします。


まずはボールのポジションを右、真ん中、左と置く場所を変えます。
右に置く事によりシャフトが自分から見て左に傾きロフトが立ちます。俗にいうハンドファーストの状態です。低く打ち出しややスピンがかかりながら転がしてボールをピンに寄せる方法となります。

CIMG8962.JPG

真ん中に置く場合、ロフト通りの高さでボールが飛び、少し転がるピッチショット系のボールを打つ事ができます。シャフトの傾きはほとんどなくなりややストレートかほんの少しハンドファーストの状態となります。
CIMG8963.JPG

最後に左に置く場合は、ほとんどキャリーだけでグリーンの乗った後ほとんど転がらないいわゆるロブショットです。
左に置く事で、オープンスタンスになりシャフトが自分から見て右に傾きロフトが寝た状態となります。
CIMG8964.JPG

ボールの高低は、体重配分も重要で
低いボールの場合左に体重をかけてスタンスは狭め

中間の高さのボールはスタンスの幅もやや広く

ロブショット系のハイボールはスタンスを広くして緩やかな入射角でボールをすくい取る

シュチュエーションによる使い分け

エッジ周り
低いボール

グリーンに対してソフトに落としたいとき
ボールの位置を真ん中に置く

バンカー越えや砲台グリーンなど高さが必要な時
ボールの位置を左に置いて高いボール

これからのゴールデンウィ―クは、天候が悪いそうですので風や雨でショットも上手くいかない場合、助けてくれるのはショートゲームです。

いろいろなショットをトレーニングして引き出しを多くする事で色々なところからパーやボギーをとっていきましょう!!


スポンサードリンク



TOPへ