ゴルフスイングの左右非対称化(wide&narrow)

  • 2015年04月19日

ゴルフスイングにおいて左右対称のシンメトリーな動きというのは、ヘッドスピードを上げないコントロールスイングにのみ、あてはまります!

テークバックとフォローは左右対称的要素はあります!

広く大きくテークバック
CIMG2490.JPG

フォローも大きく!

CIMG2493.JPG

がしかし

ハーフウェイダウンとフォローは全くの左右非対称となります。

切り返しからはタメを最大にして体の近い場所を通し、フォロー最も遠くに大きく振り抜く!

切り返しは限りなくシャフトを身体の近くから
CIMG2491.JPG

フォローは限りなくヘッドを身体から遠くに!
CIMG2494.JPG

コツは身体の動きを止めない事!
特にトップで間を作ろうと止める方が多いように思います!

トップは止まって見えるだけ!

牽引ロープで説明すると
両側に同じ馬力の車を繋げ、同じ力で走れば牽引ロープがピーンと張って切れない限り遠目では止まって見えるはず!!

上半身はトップに向かい、下半身は逆に振り抜くフォワード側に動く!

wideなテークバック
CIMG2490.JPG

narrowなダウンスイング
CIMG2491.JPG

止まってはみえるけど相当な出力が身体中から出ております!

イメージは背中が牽引ロープです!

この背中の張りをトップで感じそのあと爆発的に振り抜けばビックフォローを期待できます!!

トップから切り返しでシャフトと腕とが作る角度が最大!
そしてフォローで腕とシャフトが一本化できるとヘッドスピードは上がりスピン量を抑えて高弾道なボールを打てることでしょう!


スポンサードリンク



TOPへ