左サイドの存在感を高め クロスハンドにて分厚いインパクトを作る

  • 2015年04月19日

今日は、分厚いインパクトを手に入れるためライン出しショットの練習をご紹介いたします。

インパクトを分厚くするという事は、左サイドを分厚くするという事

ライン出しショットをすることで左腕とシャフトが一本化されその状態のままフィニッシュされるスタイルを理解します!

フルスイングにおいてクラブシャフトが首に巻きつくように終わる事が重要となりますが、この巻きつくという事が早い段階で行われると軽いインパクトとなってしまいます!

インパクトの後に左手首がすぐに折れてしまい身体に巻きついてしまうスタイルがそれです!

左手首が折れてしまうのが早い場合、インパクトでスピンや入射角がまちまちとなり飛距離が落ちてしまいしかも縦の距離感も養えません!

まずはクロスハンドグリップで左サイドを分厚くすることが重要となります!

手先で振りまわす方はこのクロスハンドではトップやひどい場合ですと空振りまでも誘発します

しっかり左サイドで身体の開きを抑え下半身から切り返し左サイドの存在感を出していきます。

クロスハンドは右グリップと左グリップが逆転します!
CIMG2628.JPG

トップでは左腕がより遠くにポジショニングされ通常グリップより背中のストレッチ性が強い
CIMG2629.JPG

左サイドが完全にスイングの指南役となっていなければこの姿勢はとれません
CIMG2630.JPG

左サイドが分厚くカベとなりインパクトではシャフトと左腕が一本化する
CIMG2631.JPG

ボールを追っかけるようにシャフトが一本ラインのまま
CIMG2632.JPG

クロスハンドでボールを打てばアウトサイドインの修正にも有効!

そして見た目以上に難しい練習ではございます!

キーワードは左サイドを分厚くする!

クロスハンドで左サイドの意識レベルを高めていきましょう!


スポンサードリンク



TOPへ