床を揺らすダウンスイング 右脚の蹴り方

  • 2015年04月19日


スポンサードリンク


今日は切り返しにおいての右脚の使い方をご説明いたします!

ゴルフスイングにおいて右脚というのは静かに静かに暴れてはいけない部位である事は言うまでもありません!
しかしただ単に静かにたたずんでいればよいかと言えばそうではありません!

バックスイング時、右脚は強い捻じれを感じながら微動だにしないで受け止めていなければなりません!

この位置では右ひざの膝頭が正面を向いているイメージ
CIMG2685.JPG

そして切り返しから地面をしっかり踏みます!ここでやや沈み込んでみえるのはそのためでございます!

ここで脚にパワーとため込むのです
俗に言うシッティングダウンです 沈み込んで右脚で踏み込みます
CIMG2686.JPG

そしてヒッティングゾーンまでクラブを引き下ろし右脚が踏み込んだ反動でヒールアップしていきます!

CIMG2687.JPG

ここが一番右足がヒールアップされた位置
CIMG2688.JPG

ただこのヒールアップされた右足がインパクトでは逆にもう一回地面にヒールダウンして床をもう一回蹴ります!

ヒールアップした右足をもう一度地面にねじ込みます
CIMG2689.JPG

右足のくるぶしが床に付けるイメージで
CIMG2690.JPG
イメージでは2回右脚を踏むイメージとなります!

よくボールを打つ時床が揺れる時がありますがここで地面を蹴っているからにほかなりません!

そんな右脚って忙しいんですか?!
と言われそうですがこれは別に意識してやっているわけではないのでご心配なく!

ほとんどが無意識でございます!

ただ大きな脚の筋肉を最大限使うためには自然とこのような動きになってしまうのです

次回はこの右足の動きをどのように体感するかをドリルにてご説明いたします!


スポンサードリンク



TOPへ