連載 6回目 ようやくターンベリーへ

  • 2015年04月19日

ど田舎の暗闇に煌々と輝くターンベリーのホテル
P1010558.JPG

P1010561.JPG

ホテルの裏側の夜
P1010572.JPG

ホテルの裏側の昼間

P1010600.JPG

ホテルのロビー
P1010591.JPG

ホテルのバー(ここでウイスキーの飲みました!似合うような貫禄がほしい(^_^;))
P1010565.JPG

ハイランド・ドレスを着たホテルマン
P1010615.JPG

6回目
ようやくターンベリーに!

 真っ暗の田舎道をターンベリーに向けて車を走らせていると、天気は大雨ととてつもない風が吹いている中、やはり洪水の為ターンベリーの道路が封鎖されていました。
 
でももはや進むしかありません。違う道を突き進みカーナビを信じて走り続け、そしてついにターンベリーに到着し、さあここからが本番!看板を探しゴルフ場とホテルを探さなければなりません。
 
日本のゴルフ場のように看板を期待していた自分が馬鹿に思えてなりませんでした。車を止めては走り、走っては車を止めて捜してはみるものの真っ暗闇で何も見えません。そんな中大きな看板が見えました。ターンベリーホテル&ゴルフという看板です!!
 
看板に従い私たちが向かった先にそびえ立つのは煌々とライトアップされたターンベリーホテルでした。
 
チェックインをしてあの有名なタータンチェックのスカートをはいているハイランド・ドレスという民族衣装を着た男の方に荷物を部屋まで持ってもらい、まだ食事を済ませていなかったのでホテルのレストランで食事をし、明日8時50分にプレーする予約をしました。
 
ついに明日、ターンベリー・エイルサコースでのプレーが実現するのです。この旅の最大の目標ともいえるゴルフを明日プレーする期待感でまたもや眠れませんでした。(このままだと寝不足ですね)


スポンサードリンク



TOPへ