ショートアイアンはダウンブローに打つ

  • 2015年06月23日

ショートアイアンでグリーンを攻める時の注意点は、まず左へのミスです!
ショートアイアンは本来左に行きやすい構造を持っております!

ということはそのクラブに対して無理にフェードで攻めるというよりはドローで攻めていくというのが私の狙い方です。

そしてショートアイアンのスイングの場合は、ボールの先のターフを削りとる感覚が重要になります!

そのためには、シャフトのしなりを感じながら左へのウェイトシフトを展開しながらヒッティングゾーンに引き下ろす!
下記の動画はダウンブローの練習方法です!

今回は7アイアン

風はアゲンストで距離は175ヤードにピンは手前なので大体170ヤードを想定して打ちました!

風に負けないようにしっかり打ち出しを低くする事を心がける!
そして右はバンカーが口を開けていますので一番ダメなミスは高くて右へすっぽ抜けるボールです。

フェードで入れる攻め方が一番良いですが、私のフェードボールは飛距離が落ちるのであえてドローで攻めました!

結果はストレートボールでグリーンオン(^-^)

トップの位置に入った時はやや左に重心がかかっているスタイルがダウンブローに入れるコツ
CIMG7634

シャフトを立たせて下ろすためには切り返しでのシャフトのしなりを感じなければなりません!
CIMG7635

インパクトでは前傾の角度がしっかり保持していなければなりません
CIMG7636

ここで起き上がってはいけません!
CIMG7637

ドロー系のスイングの場合ここでリストターンがしっかり行われている事が重要
CIMG7638

フィニッシュはあくまで結果なのであまり意識しないのがショートアイアン
CIMG7639

ショートアイアンのダウンブローは必須 練習課題でございます!

皆さん練習しましょう!


スポンサードリンク



TOPへ