パッティング特集 ショートパット① ボールを見ないでラインを見る!

  • 2015年07月04日

今日からパッティングの特集を始めていきます!

ゴルフに置いて40%以上の位置を占めるパッティングはゴルフの大本と言っても過言ではございません!

そこで今回から少しずつパッティングの秘訣を少しずつブログにて紹介していきます!

まずはスコアの大半を占めるショートパット!
どんなにアプローチを近くに寄せても短いパットを沈める事ができなければ結局ボギーであったりダブルボギーになってしまってスコアを縮める事ができません!

まずはショートパットのアドレスの決め方を説明します。

テーマはボールを見過ぎない!

少しこのテーマに語弊がありますが、正しくはボールを見過ぎずラインをしっかり見る!です。

一般アマチュアのパッティングのセットアップを見るとターゲットに対するマインドよりボールを強く見る事にこだわりがあるようです!
しかしはたしてそれで良いでしょうか!

実際にはターゲットでありラインにボールを転がすのが重要です!

そのためアドレスでは右のグリップからまず決めます。そしてその時ターゲットとラインをしっかり見てクラブフェースがライン通りに向いているかを確認します!
CIMG7703

そしてそのあとに体重配分をチェックしてまたラインを見ます

次に左グリップを決めてまたラインを見ます。
CIMG7704

最後にボールを見た瞬間にボールを打つ!

CIMG7705

CIMG7706

このボールを見た瞬間ボールを打つというのがポイントです!

ここで時間をかけると身体が固まりネガティブな考えが頭をよぎりスムーズに動かなくなるので成功率が下がってしまいます。

重要なことはボールだけではなくラインをしっかり見る

ショートパットでは自分の視野の中にカップとボールが両方存在している事を感じるくらいで丁度良いです。
人間の視野は100度くらいはあると聞いた事がありますので真っすぐボールを見ていてもラインやカップを見れる範囲の距離であればその存在を感じながらボールを打つ事が可能です。

ボールを凝視し、身体が固まっている方はこれでかなりの確率で成功するでしょう!


スポンサードリンク



TOPへ