フェアウェイキープ率を上げる練習② クラブをスティ―プに入れる

  • 2015年08月18日

前回同様にフェアウェイキープ率を上げるための練習としてティーを低くしてダウンブローにドライバーを打つということを説明していきます!

ドライバーというクラブを上手くコントロールできていない方のほとんどがクラブがアンダーに入っている事が多いという事があります!

アンダーとは!

シャフトプレーンに対して下からクラブが入る事です!

そしてそうなっていくとどんどんティーが高くなっていきます!

そうでないとボールを捉まえる事ができないからです!
しかしそうなるとまたどんどんアンダーにクラブが入っていき下から右肩を下げて前傾角度を起こしながらインパクトを迎える事が日常化しどんどんプッシュやチーピンボールが増えていきドライバーがコントロール不能となってしまいます!

まずはティを低くし、低いスライスボールで打てるようにする事が修正となります!

ややスティ―プに上からクラブを入れるアイアンショットの延長線上にドライバーがある事を認識する事が重要となります!

切り返しでは右肩の位置にシャフトが横切るようなダウンスイングの形が重要!

そのあとシャフトが倒れないように右肩の位置を保持し前傾角度をキープしながらインパクトをと向かいます

ややハンドファーストなインパクトを心がけ、右肘を身体に引きつけながらボールを潰していきます!

右肩の位置にシャフトが立って降りていく!
CIMG8138

上からややスティ―プに入れるイメージ!
CIMG8139

前傾角度を保持しながらインパクト!
CIMG8140

右肘を引きつけながら
CIMG8141

CIMG8142

CIMG8143

ドラコン競技用のスイングはティを高くしてややアッパー
ストロークプレー用のドライバースイングはティーを低くしてレベルかダウンブローで!

この使い分けが重要となります!


スポンサードリンク



TOPへ