コースマネジメント① ウェッジショットの心得

  • 2015年09月19日

今日から、ラウンド時の考え方とコースの攻め方をご紹介していきます!

今回はウェッジショットです。

男性では100ヤード以内

女性では60~70ヤード以内というのはしっかりグリーンに乗せていきたい距離!

しかしその距離でのショットはそれなりの技術が必要となります!

SWやPWなどのウェッジでの失敗に距離不足のすっぽ抜けがあります!

意図した距離が出ずに手前のバンカーに落ちたり、池に落ちたりといったミスです。

ウェッジでのすっぽ抜けを防ぐためには、しっかりダウンブローにヒットする事が必須となります!

ウェッジ1

ウェッジ2

ウェッジ3

CIMG8337

しかしこのダウンブローが曲者でなかなか習得が難しいです!
まずはフェースの開閉を意識しハンドファーストでボールを捉えることが重要!

そしてスコアリングラインの下3本はボールを外さないフェースの下目でとらえる感覚も大事!

フェースの上目でとらえるという事は、すなわちボールのすっぽ抜けへと繋がります!

練習方法は、ティーアップを高くしてウェッジですっぽ抜けないようにフェースローテーションを駆使してボールを捉える練習をしてください!

この練習でボールをクリーンに捉える技術を理解し、そこからシャフトのしなりを意識すると一気に分厚いターフがとれるようになります!


スポンサードリンク



TOPへ