スイングアークを大きくする

  • 2015年12月03日

今日は、スイングアークを大きくする練習をアップします

大きなテークバックは、それだけ助走が長くなるのでヘッドスピードを上げる事に貢献します

しかし、ただ大きくするだけでは上手くいきません!

というのも、ただ大きくしようとしても大きくなりません!

まずグリップ付近にしなりを感じるテークバックを覚えなければならないからです

どういう事かというと一度シャフトに力を貯めこんでからそのしなり戻りを利用してテークバックを大きくする方式でないと結果的に小さいテークバックになってしまいます

言葉で説明すると難しいのでまず簡単な方法は、重たいものをクラブの横においてその対象物を遠くにしかも真っすぐ押してみましょう!
身体全体を使わないとテークバックできません!
そしてその結果、シャフトの根本がしなります!

このしなりを利用して、テークバックでクラブヘッドが最も遠い場所に運ぶことができます!

重たいものを横において
CIMG8923

身体全体で圧す
CIMG8924

アークが大きくなるとトップでしっかり捻転する事が期待できる
スイングアーク

その結果両腕の伸びたフォロースルーに繋がる!
CIMG8925

テークバックを手だけでヒョイ!と担ぎあげる癖のある方は、この練習を沢山すると良いでしょう!

お試しください!!


スポンサードリンク



TOPへ