スライスでお悩みの方はアドレスをドロー系のアドレスに変える

  • 2016年10月27日

%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%93

今日は、スライスでお悩みの方にスライス防止のアドバイス!

そのためには、どれだけドローの要素を体に取り入れることができるか!ここにかかっております

ドロー系とは!

ようはフックボール!

もっと言えばチーピンボールの要素をどれだけ取りいえることができるか!

乱暴なようですが、スライスボールを直したければ、フック系のスイングを取り入れなければいけません!

よく「私はフックを打ちたいのではなくまっすぐ打ちたいんです!」といわれる方がいますが、スライスボールを直すのにあたっては、ストレートボールのスイングをレクチャーしても絶対に直りません!

ではどのようにフックの要素を取り入れるか

それはアドレスにかかっております!


スポンサードリンク





フック系のアドレス!

こんな感じに置ければまずはOK!!
img_2426

ボールのトゥ側にセットしている感覚

そしてボールから少し離して構えている

フェースが少し開いた感じになっていることから、スライスしている方にはとても恐ろしいアドレスではないかと思いますが、ボールに対してフックの回転をかけるためには、インサイドからフェースが右を向いた局面から薄いハンドファーストインパクトが欠かせません!

では少しこの写真に、線を入れてみましょう

こんなイメージ

まずはルートを記します

%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%89%e3%83%ac%e3%82%b9

このようなルートでイメージし、ボールの包む感覚を意識します
%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e7%b3%bb%e3%81%ae%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88

次に、クラブとボールとの間に空間を入れてその空間がヘッドの最下点!
%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%80%80%e6%9c%80%e4%b8%8b%e7%82%b9

%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%80%e9%9b%a2%e3%81%97%e3%81%a6%e6%a7%8b%e3%81%88%e3%82%8b

そしてその最下点から上昇する瞬間にフェースが返ります

こんな感じ
%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e7%b3%bb%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%88

スイングではこんな感じ
%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%80%80%e6%9c%80%e4%b8%8b%e7%82%b9

%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%80%80%e6%9c%80%e4%b8%8b%e7%82%b9%ef%bc%92

 

 

逆にスライスになる方はこんな感じ

ボールにべったりくっつけて絶対当ててやるという雰囲気
img_2430

まずルートがこんな感じになってしまいます (右が怖いので)
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88

右が怖いのでこうなるのは、まあわからなくはないのですが、これだとボールが右へ右へスライスの回転がかかってしまいます

このような原理
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%82%b9

右が怖いけどフェースが右を向いて内側からフェースが180°動くように

%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e7%b3%bb%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%88

右が怖いから外から動くとフェースが開かず外から入り、結果的にスライス
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%82%b9

%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%92 %e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0 %e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%93

そしてボールに対してべたっ!とヘッドをくっつけてアドレスしますので最下点がボールの位置になります
結果的にダウンブローに入ることでスライスか最悪はテンプラになってしまいます

フェースの180°のローテーション

そしてインサイドアウトの感覚を理解するとある程度ヘッドを走らせることができる方は、すぐにスライスを直すことができます!

そのためには、とにかくアドレスが大事!!!

基本がとにかく重要なんです(^.^)

後の詳細は実際のゴルフスクールでレッスンいたします( ^)o(^ )


スポンサードリンク



TOPへ