ハーフスイング練習 ⓵ ドライバー

  • 2016年11月22日

今日からハーフスイングの特集!

まずはドライバーからです!

img_2990

ドライバーでのハーフスイング

ハーフスイングといってもドライバーを使用すると、どうしても腕を振り切って背中に巻き付けるくらい振り回したいところではありますが、そこを我慢!

この練習によりヘッドを走らせすぎずに、体の回転が少しクラブを先行させてインパクトまで向かうことを覚えます

インパクトの前後でクラブが体を追い越してます

このタイミングを覚える!


スポンサードリンク





飛距離は、100yから150yもしくは200yくらいを飛ばします!

女性の場合、50y~100yで結構!

どうしても体の回転を使えないと腕がどんどん固くなってグリップが強くなっていきます!

グリップ圧が強くなればなるほど腕を柔らかく振れないので飛ばないし、ボールが曲がってしまいます!

腕は自然と振られる感覚!

そしてスイングプレーンを意識してなめらかなスイングリズムを覚えます

 

img_2989

クラブよりも体を先行させて

img_2990

インパクト前後でクラブが体を追い越す

img_2991

img_2986

img_2987

スイングプレーンを意識して

img_2988

ハーフスイングとは、ショートアイアンかウェッジでの練習が主流です

があえてドライバーでの練習を取り入れてください!

飛ばしだけではなくコントロールスイングでクラブの動きや体の動きを見直すこと

ドライバーでОBが多い方は特にまずドライバーのハーフスイングをお勧めします!

次回は6Iのハーフスイング


 

● そのほかハーフスイング関連の動画です

ハーフスイングを2種類に分類して練習 フルショットとアプローチショットの双方の練習に最適

ドライバーが少し難しい場合、ユーティリティー、5w、3wくらいのヘッドの小さいクラブで練習してもよいでしょう

 



スポンサードリンク


 


TOPへ